千葉市花見川区にて乾式工法で屋根の軽量化


千葉市花見川区にて瓦屋根の棟取り直し工事を行なっております。瓦屋根は現在、耐震工法が普及しています。一般的に棟部分は湿式工法でのなんばん漆喰を使用しますが、お客様から「最近、地震が多いので少しでも屋根を軽くしたい。」と、ご要望をいただき瓦屋根の軽量化工法の乾式工法で棟を取り直しました。使用したのは乾式面戸ロールスターです。ロールスターはプライマー、高耐久PVCシート、アルミニウムシート、PETシートの4層構造で柔らかく蛇腹構造になっていますのでS形やJ形など様々な形の瓦に使用する事が出来る優れものです。
DSC_6891_R
DSC_6893_R
乾式工法では下地材として棟補強金具と垂木材を使用します。垂木材は耐久性の高い樹脂製の物を使用し設置しました。下地材の設置が完了したら乾式面戸で覆っていきます。乾式面戸にはブチルテープが予め付いていますので瓦と接着していきます。ブチルテープは粘着力がとても強力で防水性に優れていますので雨水の浸入の心配がありません。また、野地との間に隙間が出来ますので通気性にも優れ結露等により躯体を傷める心配もありません。
20180711_180712_0021_R
20180711_180712_0026_R
乾式面戸の設置が完了したら丸瓦を設置し錆びに強いSUSビスで固定して工事は完了です。乾式面戸ロールスターでの施工はなんばん漆喰を使用する湿式工法と比較すると施工時間は約1/4で完了です。漆喰での傷みによる剥がれなどの心配もいりません。お客様のご要望通りの瓦屋根の軽量化を行い大変満足していただきました。
20180711_180712_0031_R
20180711_180712_0033_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下端が崩れ始めているかわらU

佐倉市宮ノ台のお客様から軒天と屋根についてご相談を承りました。軒天は剥がれてきており、屋根は表面が剥がれてどんどん白くなってきているそうです。どんな屋根材が使われているのでしょうか。軒天などは古くなってくれば、剥がれてくるのは何となく理解で...........

トップコートが剥がれてしまった床面

「バルコニーの床の表面が激しく剥がれてきている。現在、雨漏りはしていないが、このままで大丈夫かどうか、直せるかどうかを見てもらいたい」と千葉市美浜区高浜のお客様からご相談を承りました。現在、築12年ということで、メンテナンス時期であることは...........