千葉市花見川区にて乾式工法で屋根の軽量化

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市花見川区にて瓦屋根の棟取り直し工事を行なっております。瓦屋根は現在、耐震工法が普及しています。一般的に棟部分は湿式工法でのなんばん漆喰を使用しますが、お客様から「最近、地震が多いので少しでも屋根を軽くしたい。」と、ご要望をいただき瓦屋根の軽量化工法の乾式工法で棟を取り直しました。使用したのは乾式面戸ロールスターです。ロールスターはプライマー、高耐久PVCシート、アルミニウムシート、PETシートの4層構造で柔らかく蛇腹構造になっていますのでS形やJ形など様々な形の瓦に使用する事が出来る優れものです。
DSC_6891_R
DSC_6893_R
乾式工法では下地材として棟補強金具と垂木材を使用します。垂木材は耐久性の高い樹脂製の物を使用し設置しました。下地材の設置が完了したら乾式面戸で覆っていきます。乾式面戸にはブチルテープが予め付いていますので瓦と接着していきます。ブチルテープは粘着力がとても強力で防水性に優れていますので雨水の浸入の心配がありません。また、野地との間に隙間が出来ますので通気性にも優れ結露等により躯体を傷める心配もありません。
20180711_180712_0021_R
20180711_180712_0026_R
乾式面戸の設置が完了したら丸瓦を設置し錆びに強いSUSビスで固定して工事は完了です。乾式面戸ロールスターでの施工はなんばん漆喰を使用する湿式工法と比較すると施工時間は約1/4で完了です。漆喰での傷みによる剥がれなどの心配もいりません。お客様のご要望通りの瓦屋根の軽量化を行い大変満足していただきました。
20180711_180712_0031_R
20180711_180712_0033_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........