千葉市花見川区にてテラスの波板に穴が開き、支柱も劣化

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

波板
波板
見た通り、波板に穴が開き全体的に変形していました。塩ビ波板の耐用年数は5年程度ですので早めの工事をおすすめ致します。波板はテラスの屋根になりますのでそのまま放置されると骨組みの木部も劣化してきてしまいます。長年放置されてしまっていたので、木部も強度がなくなってしまいます。台風24号も接近しているので今後、大変心配です。
波板
波板
木部の状況ですが、部分的に波板の釘が効いていない所もありました。原因として波板の劣化で穴が開き骨組みの木部が雨水を吸ってしまったのでスカスカになっています。この様に放置されてしまいますと、強度もありませんので木部全部の交換工事をお客様にご提案させていただきました。
木部
こちらも木部の写真です。雨がよく当たる所の塗膜が剝離しています。木部ですので5年に一度程度の塗装をおすすめ致します。波板と木部を新しくしても、雨が当たる所は劣化してきしまうので一緒に塗装もお客様にご提案させていただきました。
屋根調査、屋根工事のご相談は町の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査、お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P6300007_R

四街道市のお客様より「谷樋の劣化が気になるので交換した方が良いか点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の谷板金の調査を行いました。谷板金は谷樋とも呼ばれている部分で、屋根の谷になる構造の部分にある板金の事を指します。排水の為に樋の役割を...........