千葉市花見川区で破風板の塗装が劣化、防水性や防火性、耐久性に優れた破風板板金巻きで改修


千葉市花見川区で破風板板金巻き工事を行なっております。破風板は屋根の妻側(雨樋のない部分)に付けられている板の事を呼びます。屋根や外壁と同様に太陽光や紫外線、風雨などの外的影響によりどうしても劣化してしまいますので、定期的に塗装で保護するなどのメンテナンスが必要になります。破風板は木製のものが多く、劣化が進行してしまうと腐食して落下したり雨漏りに繋がる危険性があります。こちらのお客様邸も塗装が剥がれ劣化が進行していましたので、不具合が発生する前に金属板金巻きでのメンテナンスを行う運びとなりました。

1dacecfa9d88274b51c3068346ed1cfe
P2090167_R-1
破風板は「風を破る板」と書くように屋根裏への風の侵入を防止する役割になります。また、雨水の浸入を防ぐ役割も担っていますので台風などの強い雨の吹き込みも防止します。
その他、防水の役割以外に防火の役割も担っています。住宅火災は下から上へと延焼するので火災の際に窓から炎が上がった場合に炎が軒まで達するのは想像を上回る早さです。破風板がある事により防火加工がされていない屋根裏への火の周りを遅らせる事ができるのです。
DSC_5698_R
P2170017_R
様々な役割を担う破風板をガルバリウム鋼板と呼ばれる金属板で巻き付ける工事が破風板板金巻き工事です。塗装でのメンテナンスより防水性や耐久性に優れており、メンテナンスを行う回数を減らすメリットもあります。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_2066_R

千葉市緑区のお客様より「1階の天井から雨漏りがしているので困っている」とご相談をいただき、調査を行いました。雨漏り箇所にご案内していただくと、天井のクロスが捲れており周辺にも染みが出来ています。このままですと天井材が腐食してしまい、抜け落ち...........