千葉市花見川区で棟瓦の釘の浮きにお困りのお客様

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「強風の日に瓦がカタカタと音を立てているので点検してほしい」と千葉市花見川区のお客様よりご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。瓦が音を立てているという事は周囲の瓦に干渉している可能性が高く、衝撃で割れてしまう危険性もあります。割れた瓦が更に他の瓦を割ってしまい被害が拡がってしまいますので早期対応が必要です。梯子を使い屋根に上がると棟の丸瓦を固定している釘に浮きが見られます。手で触るとカタカタと音を立てるのでこちらが原因であることが考えられます。
DSC_0727_R
DSC_0728_R
釘の浮きは棟の漆喰の内部にある葺き土が痩せてしまっている事が原因として挙げられます。また、漆喰の内部には葺き土以外にも下地材があります。この下地材の経年による劣化も釘が浮いてくる要因の一つです。漆喰が雨水を吸収したり、乾燥したりと動きを繰り返すと面戸部分の漆喰にひび割れや剥がれなどの不具合が発生します。そうなると棟の固定する力が低下し、下地材も腐食し釘も効かなくなり釘が浮いてくるのです。浮いてしまった釘は上から叩いても棟内部に原因があるので効きません。
DSC_0702_R
DSC_0695_R
釘の浮きは棟全体に見られ、このままですと瓦の落下や破損、雨漏りに繋がりますのでお客様には調査のご報告をし、下地材は耐久性のある樹脂製での棟取り直し工事のご提案をしました。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........