千葉市花見川区で工場屋根の大型雨樋の詰まりを解消

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

IMG_2249-columns2
千葉市花見川区の大型の工場と倉庫をご所有のお客様から「雨樋」から雨漏れが生じてしまい、お困りになっているとのお問い合わせを頂き、調査にお伺いすることになりました。

IMG_2248-columns2
起きな工場ともあって工場屋根は折板屋根になっていますが、長さが300M以上と長い屋根になっていました。屋根は左右に切妻があるM字型で、中央に大型な箱型雨樋が設置されていて。両サイドからの雨水を一気に処理する仕組みになっていました。
IMG_2246-columns1
両サイドからの雨水は屋根が大きいこともあって、少量の雨でも集まると大量な水量になります。一気に雨水を受ける雨樋も大型な物で,大量の水量を処理できるものでないといけません。今回設置してある雨樋は特別注文品で、劣化しにくくする為に水が流れる部分に塩ビシートを設置している物でした。雨漏れをしている付近の雨樋には損傷している所などは無く、酷く劣化しているものでもなく、変化は見ることはできませんでした。
IMG_2254-columns2
IMG_2253-columns2
雨樋のドレン(排水口)には多くの枯れ葉が詰まっていました。枯れ葉が排水口に入って詰まらない様にドレンカバーが設置してありましたが、今回の雨漏れはこのドレンカバーの詰まりが原因で、排水が上手く機能していない事にありました。雨樋のオーバーアローにより一時的に雨漏れしたと考えられます。今回は土や枯れ葉を撤去して今後の経過を見ることに致します。