千葉市花見川区にて化粧スレートの割れと欠けを確認、屋根葺き替えをご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市花見川区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根のメンテナンスを考えているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子で屋根に上がると、軒先に苔が発生しているのを発見しました。軒先は下から見上げると、軒樋の死角になるので苔が発生しているのに気が付きにくい部分です。軒先に限らず、苔が発生するのは塗装が経年の劣化により剥がれてくることにより雨水を吸収しやすい状態になる事が原因です。塗装が剥がれ防水性が低下すると、耐久性の低下に繋がります。耐久性が低下した事によりスレートが割れている部分もありますので飛散や滑落に繋がりますので早期対応が必要になります。
5c501d56190f79d28b8847a56d0885f0
d012cf4956f1172784b16f2a0bc99bd0-1
調査を続けると、差し棟部分にも割れを発見しました。棟部分は風の影響を受けやすい部分になります。特に差し棟は経年により棟部分のスレートが反ってしまう事が多いので定期的に塗装メンテナンスを心掛けてください。
27342cfd15f96d8dc40b5476c9747e3a
dad6597b226cbe6860c1d5f93fa90d0b
割れた差し棟のスレートが谷に落ちていました。このまま滑落すると軒樋の詰まりの原因になってしまうので回収しました。軒樋が詰まってしまうとオーバーフローを起こし破風板から雨水が浸入し雨漏りが発生するケースもありますのでスレートが割れてしまうと二次被害に繋がります。
お客様に調査の報告をし、屋根全体にスレートの割れが見られ野地板も傷みが出ている事から屋根葺き替え工事をご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

846592b45bf6ae088bb808fb605ec354

四街道市で行った化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。築36年のお客様邸で台風による強風の影響により大棟の棟板金が飛散してしまい調査を行いました。棟板金は屋根の頂上にあり風の影響を受けやすいので、台風の被害に遭いやすい部分になるのです...........