千葉市花見川区で屋根塗装の密着性を高めるベストシーラーで下塗り

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

屋根塗装において重要な下塗りを千葉市花見川区で行っています。使用する下塗り塗料は日本ペイントのベストシーラーになります。ベストシーラーは化粧スレート屋根の塗替えに適しており浸透性に優れ、下地に対してくさび効果が得られます。また、上塗りの吸い込みが少なく仕上がり性に優れる下塗り塗料です。屋根塗装は基本的に下塗り、中塗り、上塗りの順で合計3回塗りを行います。各塗料メーカーの塗料の性能を発揮するためには最低限の塗装回数が3回塗りになるからです。しっかり3回塗りを行う事で塗料が備える機能を発揮できたり、塗膜が剥がれにくくなり塗料の耐用年数を発揮出来たりなど様々な効果が得られますが、屋根材の下地の劣化状況や使用する塗料により塗る回数は異なります。
P2060002_R-1
20180208_180208_0013-columns2
下塗り塗料の役割としては下地の吸い込みを抑制するためや、中塗り上塗りの密着性を高める接着剤のような役割になりますので下塗りを疎かにしてしまうと下地が中塗り上塗り塗料を吸い込み、どんなに良い上塗り塗料を塗っても塗膜がすぐに剥がれてしまい塗料が持つ耐用年数が期待できないものになってしまいます。経年により下地が傷んでいると塗装面は塗料を吸い込んでしまう性質がありますので、1回の下塗りで吸い込みが収まらない場合は下塗りを2回行います。反対に下地の状態が良ければ下塗りを行わなくても良いかというとそうではありませんので、必ず下塗りは行います。
DSC_5630_R
P2080022_R
下地の状態を見ながらしっかり丁寧に塗り本日の下塗りの工程は終了になります。中塗りは下塗り塗料をしっかり乾燥させるために時間を空けなければなりませんので明日行います。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
千葉市 屋根外壁塗装工事後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P9240021_R

「ご近所で屋根の塗替えを行っているので、自宅の屋根もそろそろ塗り替えた方が良いかな。」と、お考えになっている千葉市若葉区のお客様邸の屋根調査を行いました。屋根材は化粧スレートです。一般的に屋根の塗替えは10年毎と言われています。屋根材に使わ...........