千葉市花見川区にてコロニアル屋根に割れや欠けの劣化を発見、屋根カバー工事のご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市花見川区にて行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材はコロニアルです。ご近所の屋根材が飛散したので、ご自宅の屋根の状態が心配になり点検依頼のお問い合わせをいただきました。
調査を開始します。梯子を使い屋根に上がると大棟を境に屋根の色が異なっているのを発見しました。オレンジ色になっているのが北側になります。北側は一般的に陽当たりが悪く日照時間が短いと言われていますので、屋根塗装が劣化し防水性が低下すると雨水を吸収しやすくなります。陽当たりが悪いので十分に乾燥されずに苔や藻、カビが発生しやすくなりオレンジ色になってしまいますので、定期的に塗装メンテナンスを行い保護してあげなければならないのです。
9d418073b71cae3d85947f4126606634
bdeb627db926c513777bea7c2bb09384
防水性が低下するとコロニアルは雨水を吸収し膨張してしまいます。膨張したコロニアルは、太陽光や風により乾燥され収縮しますが、再び雨水を吸収すると膨張します。屋根塗装が剥がれ、塗装メンテナンスを行わないとこのように膨張と収縮の動きが生じ、コロニアルに負荷が掛かります。この負荷にコロニアルが耐えられなくなるとひび割れ、欠け、反りなどの不具合が発生し屋根の寿命を縮めてしまうのです。
68f2940ceb2214b287b9a1615cd34480
c439659fac5f143e07520dda1bd8b9a4
コロニアルなどの屋根材は一度反ってしまうと、塗装メンテナンスを行っても平らには直りません。屋根全体にひび割れや反りが見られるのでお客様には調査のご報告をし、屋根カバー工事をご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

コロニアル欠損

千葉市中央区宮崎町で行った屋根調査の様子をご紹介します。築30年で屋根材はコロニアル(スレート)です。「ご近所の方から、屋根材が割れていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子を使い屋根に上がろうとすると、す...........

化粧スレート素地露出

船橋市東船橋で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「築30年で屋根塗装が剥がれており、メンテナンスを検討しているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。以前、屋根塗装を行ったのが約20年前という事で...........