千葉市美浜区にてスレート屋根の劣化でお困りのお客様

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市美浜区のお客様より「強風で棟板金が飛んでしまった。屋根の状態が心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。棟は屋根材と屋根材が接合する部分で屋根の山状になっている部分を指します。棟部分は屋根材だけでは雨水の浸入を防げないので棟板金を設置し雨水の浸入を防いでいるのですが、経年の劣化により下地材の貫板や板金を止めている釘が浮いてしまったり抜けてしまうと固定する力が低下してしまい飛散しやすい状態になってしまいます。飛散後の貫板を確認すると腐食しているのを発見しました。新築時には木製の貫板を使用し釘で留めている事が多く飛散してから腐食していたことに気が付くケースも少なくありません。棟板金を釘で留めていますので釘の浮きや抜けが見られましたら固定する力が低下していますので定期的に確認するよう心掛けてください。
DSC_2896_R
DSC_2882_R
調査を進めると化粧スレートが割れてしまい谷板金部分に落ちているのを発見しました。棟板金だけではなく化粧スレートにも不具合が発生しています。塗装が剥がれ耐久性が低下している事が原因で割れてしまったようです。棟板金や化粧スレートなどお家に使われている建築資材の殆どが塗装で保護され耐久性を保持していますが、太陽光や紫外線、風雨などの影響により塗装が剥がれてしまうと耐久性や防水性が低下し割れや反りなどの不具合が発生してしまいます。定期的に塗装メンテナンスを行う事で耐久性や防水性などが維持できるのですが約20年メンテナンスを行っていないという事で屋根の上では様々な不具合が発生していました。反りや割れが著しい場合塗装でのメンテナンスでは耐用年数が期待できません。また、化粧スレートの下に葺かれているルーフィングの状態も新築時のままという事なので劣化が予想されます。ルーフィングの寿命は20~30年程ですから雨漏りを発生させない為にも早期対応が必要になります。ですから、お客様には費用対効果の高い屋根カバー工事をご提案しました。
cf6ea5061e285ce2551174ac3b90c807
DSC_2890_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........