千葉市美浜区にて劣化が進んでいるスレート屋根は塗り替えではなく屋根カバー工事か屋根葺き替えが必要です

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市美浜区のお客様より「屋根の塗装が剥がれて傷んできているようなので、どのようなメンテナンスをしたらよいですか。」と、お問い合わせをいただき屋根調査を行いました。屋根材は化粧スレートです。屋根は毎日、太陽光や紫外線、風雨などの外的影響を受けているので化粧スレートを保護している塗装はどうしても経年と共に劣化してしまいます。塗装が剥がれてくると防水性が低下し苔や藻、カビが発生し屋根が雨水を吸収しやすくなってしまいます。水分を好む苔を放置してしまうと、繁殖している範囲が拡がりスレートとスレートが重なっている隙間を埋めてしまいます。隙間は雨水が吹き込んできた際に排水をする役割をしていますが、苔が埋めてしまうと屋根内部で雨水が滞留してしまう事で雨漏りの原因になる危険性もあります。
P4290156_R-1
P4290054_R
防水性が低下し雨水を含んでしまうと化粧スレートは膨張するのですが、太陽光や風により乾燥され収縮します。塗装でのメンテナンスを行わずにこの状態が長期間続いてしまうと、膨張と収縮の動きを繰り返している化粧スレートは負荷に耐えられなくなり耐久性が低下するので反りや割れ、欠けなどの不具合が発生してしまいます。小さな割れでしたらコーキング材で補修はできますが、反ってしまった化粧スレートは塗装で保護をしても平らには戻らず隙間が広いままなので雨水が浸入しやすくなってしまいます。雨水が浸入しやすくなると化粧スレートの下に設置されている防水紙の劣化を早めてしまい雨漏りに繋がります。
P4290133_R
DSC_0674_R
苔や藻が発生ているので防水性が低下し、反りや割れなどで耐久性の低下している屋根は塗り替えても塗料の耐用年数が期待できません。お客様には塗装でのメンテナンスではなく屋根カバー工事か、屋根葺き替え工事でのメンテナンスをご提案しました。
屋根カバー工事は既存の屋根材はそのままで新しい防水紙と屋根材を被せる工事になります。解体・撤去は板金部分のみとなりますので廃材の撤去処分費も抑えられます。
屋根葺き替え工事は既存の屋根材と板金を全て解体・撤去し新しい屋根に葺き替える工事です。屋根カバーと比較すると廃材が多く出ますが耐震対策として軽い屋根材に葺き替えをされる方もいらっしゃいます。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。