千葉市緑区鎌取町で隅棟ののし瓦が脱落、雨漏りに繋がりますので棟取り直しで解消


千葉市緑区鎌取町で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。「近隣で工事を行なっている業者に瓦がズレていると言われたので屋根の点検をお願いしたい。」と、お問い合わせをいただきました。2階の屋根の瓦がズレていると指摘されたそうですので、梯子を使い屋根に上がると隅棟ののし瓦が脱落しているのを発見しました。脱落したのし瓦は屋根の上に落ちています。幸い、桟瓦など周囲の瓦に破損などは見られませんでしたが、瓦同士が干渉すると割れや欠け等の不具合が発生し、不具合箇所から雨水が屋根内部へと浸入してしまいます。瓦の下には防水紙が敷設されており、雨水の浸入を防いでいますが、割れなどの不具合に気付かずに放置してしまうと、防水紙が雨水に晒されるので穴開きなどの不具合を起こし、雨漏りの原因になってしまいます。
千葉市緑区鎌取町で隅棟ののし瓦が脱落
千葉市緑区鎌取町でのし瓦が外れてしまいました
のし瓦が脱落した部分は葺き土が露出しています。葺き土は棟の土台になっていますが、防水性には優れていません。このままの状態ですと、雨水が葺き土に浸透してしまい野地板や躯体の腐食、雨漏りの原因になってしまいます。また、のし瓦の上に設置してある冠瓦も脱落する危険性がありますので早期対応が必要になります。
千葉市緑区鎌取町で隅棟の葺き土が露出しています
千葉市緑区鎌取町で隅棟ののし瓦のズレ
千葉市緑区鎌取町で隅棟ののし瓦がズレています
調査を続けると他の隅棟ものし瓦がズレており、脱落する危険性があります。経年により葺き土や漆喰が劣化すると、棟の固定する力が低下するのでのし瓦や冠瓦などがズレてしまったり、棟自体が歪んでしまう事に繋がります。固定する力が低下した棟は、台風などの強風や突風の被害に遭いやすく棟が崩壊してしまう危険性がありますので早期対応が必要です。お客様には調査のご報告をし、既存の棟を解体して新しく棟を作り直す棟取り直しのご提案をしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円
施工事例

千葉市緑区鎌取町にて強風で剥がれた棟板金を交換、何とお車にも二次被害が…

棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市緑区おゆみ野にてスーパーガルテクトで屋根カバー工事、老朽化したスレートから新しい金属屋根に

スレート屋根施工前
P2243339
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
30年
建坪
42㎡
保証
10年
工事費用
¥900.000