千葉市緑区平山町で縁切りされていない化粧スレート屋根を調査、屋根葺き替えか屋根カバー工法で解決します


千葉市緑区平山町で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根の板金が錆てきたので点検してほしい」と、お問い合わせをいただきました。下から見上げて、棟板金の錆や色褪せが気になっていたそうです。建築資材のほとんどは塗装で保護されており、棟板金もその内の一つです。棟板金の錆が進行してしまうと穴開きや腐食が発生してしまい、雨水が屋根内部へと浸入してしまいます。棟板金や屋根材の下には防水紙が敷設されており、雨水の浸入を防いでいますが、雨水に晒されると劣化が進行し、雨漏りの原因になってしまいますので定期的に確認するよう心掛けてください。固定している釘にも浮きが発生しており、固定する力が低下しているので強風で飛散する可能性があります。
千葉市緑区平山町で棟板金の錆び
千葉市緑区平山町で棟板金を固定している釘の浮きや錆び
調査を続けると、スレートとスレートが重なっている部分の縁切りがされていないことを発見しました。前回、屋根塗装を行った業者がしっかりとした施工をしなかったようです。屋根材と屋根材が重なる部分は必ず隙間を設けていなければなりません。屋根に隙間が開いていると雨水が浸入するのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、屋根の下には防水紙が敷かれており、雨水をシャットアウトしています。しかし、縁切りされていない屋根は雨水が浸入してしまうと排水するための隙間が埋められているので、雨水の逃げ道が無くなり屋根内部で滞留してしまいます。滞留した雨水は外へ逃げられませんので、建物内部へと浸入してしまうので、縁切りがされていないと雨漏りの原因になってしまうのです。
千葉市緑区平山町で縁切りがされていない化粧スレート屋根は雨漏りの原因になります
千葉市緑区平山町で防水性の低下により軒先に苔が発生
千葉市緑区平山町で屋根塗装の劣化により苔や藻、カビが発生
屋根全体の塗装が剥がれているので苔や藻、カビが発生しています。防水性が低下しているのでスレートが雨水を吸収しやすくなっているので水分を好む苔や藻などが発生してしまうのです。縁切りがされていない屋根は雨漏りに繋がるので、縁切りする必要がありますが、防水紙の耐用年数や棟板金を交換する事を考慮すると、屋根葺き替え屋根カバー工法が最適なメンテナンスとなります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円
施工事例

千葉市緑区鎌取町にて強風で剥がれた棟板金を交換、何とお車にも二次被害が…

棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市緑区おゆみ野にてスーパーガルテクトで屋根カバー工事、老朽化したスレートから新しい金属屋根に

スレート屋根施工前
P2243339
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
30年
建坪
42㎡
保証
10年
工事費用
¥900.000