千葉市緑区にて縁切りされていない屋根で雨漏り

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市緑区のお客様より「2階から雨漏りしているので原因を見つけてほしい」とご相談をいただき雨漏り調査を行いました。化粧スレート屋根を3年程前に屋根塗装をした後から雨漏りが始まった気がするという事です。室内の雨漏り箇所をご案内していただくと小屋裏に染みがあり躯体を伝って建物内部に雨水が浸入している事を確認しましたので屋根に上がり屋根の調査を開始すると、化粧スレートが縁切りされていませんでした。屋根材と屋根材が重なっている部分が塗料で埋まっています。棟板金と化粧スレートが重なっている部分も隙間がありません。縁切りとは屋根材と屋根材が重なる部分に隙間を設ける事で屋根内部に入ってしまった雨水や湿気などの水分を排出する重要な役割があります。ですから、縁切りせずに隙間を埋めてしまうと雨水や湿気などの水分は外への逃げ道を失い建物内部へと浸入してしまうのです。
DSC_6882_R
P7170072_R
2階だけではなく1階屋根も縁切りされていません。雨押えなどの板金部分も塗装で塞がっています。屋根塗装を行う事で美観の維持や防水性、耐久性の保持ができますが塗料で隙間を埋めてしまう事で雨水の逃げ道をなくしてしまっては元も子もありません。このままですと躯体の腐食や1階も雨漏りに繋がる危険性があります。縁切りは屋根塗装を行う際に欠かせない工程です。以前まではカッターによる縁切りで手間も時間もかかる事から省いてしまう業者が存在していました。現在ではタスペーサーという部材を化粧スレートの隙間に挿入するだけの手間で済みますので屋根塗装を行う際にはお見積にタスペーサーや縁切りという項目がある事を必ず確認して下さい。お客様には調査の報告をして、ルーフィングの劣化も懸念されることから屋根カバー工事のご提案をしました。
DSC_6888_R
P7170102_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。