千葉市緑区で棟板金を錆に強いガルバリウム製に交換し、SUSビスで固定しました

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市緑区にて行った棟板金交換工事の様子をご紹介いします。強風の影響により棟板金が飛散したとのお問い合わせをいただいたお客様邸ですが、調査を行った際に下地材の貫板も破損している状態でした。屋根材の下に設置されている防水紙が露出しており雨漏り発生に繋がる危険性がありましたので棟板金交換工事を行なう運びとなりました。下地材に使用されている貫板は木製で経年により劣化していましたので、既存の貫板を解体・撤去し、新しい貫板を設置します。貫板を新しくする事で、棟板金を留めるビスが効きますので耐久性の保持に繋がります。
6206d251ae9d3a1f93ace54de2736265
5b0a9b41dc9c54521d3f8e99516ded54
新しい貫板の設置が完了したら、錆に強いガルバリウム鋼板の素材の棟板金を留めていきます。棟板金を留める際に使用するのはSUSビスと呼ばれるステンレス製のものになり、こちらも錆に強いです。新築時には棟板金は釘で留められている事が多いのですが、釘は錆びてしまい風雨や地震などの揺れの影響により浮いてくるので固定する力が低下してしまいます。一方、SUSビスは釘より固定する力が強力で、錆に強いので棟板金交換など様々な工事で活躍します。
960dd4aa27f54d4efb573e946489982e
34d167927df624f7bea033b96ab68614
f4a4dd00d71cdeef1d3a3f12608d4e90
SUSビスで棟板金の設置が完了したら、棟板金と棟板金の継目にコーキング材で防水処理を施して棟板金交換の工事が完了です。飛散した部分だけでなく、屋根全体の棟板金を新しいものに交換し、雨漏りの不安も解消されました。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8db39fdf4bb7aab9006da24afb31fdd6

「棟板金が飛んでしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただいた千葉市稲毛区の化粧スレート屋根を調査しました。千葉県各地で台風24号による被害が出ており千葉市稲毛区も例外ではありません。お客様に飛散した箇所をご案内していただき屋根...........