千葉市緑区にて強風が樹木をなびかせて屋根を破壊

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

PA050027-columns1
千葉市緑区のお客様は、敷地内に大木がありました。住宅が経つ前からこの土地に生えていたそうで、住宅裏手になる為今まで余り気に掛けたことが、無かったそうです。大きな木には違わないのですが、台風や大風があったからとは言え今まで40年近くこんなことは、無かったそうです。
今年の台風24号は今までかつてない規模だったと思われます。


PA050001-columns2
樹木が屋根瓦に接触したため、瓦の破損を誘発してしまいました。夜中に関東に最接近したときに、住宅に何かが当たるドスンドスンと音が鳴っていたそうですが、夜中の災害と言うこともあり、対処できなかったそうです。
PA050016-columns2
翌日に見てみると、地面に数多くの瓦が落下していたそうです。屋根の上の状況は下からでは確認が取れなく、お客様事自体どの様になっているか不安が募っていました。
ご依頼を受け、調査に参ったことで判明いたしましたが、大屋根の瓦がごっそりと無くなっている状態でした。
PA050004-1-columns2
瓦というのは屋根に止めてある瓦桟という木製の桟に引っ掛けてあるだけですので、樹木にあおられた瓦が落下し下にある下屋根の瓦にあたり、二次災害として瓦が連鎖し割れてしまっています。下屋根の下には部屋があり、雨漏れの心配があります。
PA050022-columns2
瓦は陶器ですので、とても固く重量もあります。屋根には雨樋などのプラスチックなどの資材も使用されていますので瓦などが当たってしまうと、簡単に割れてしまい二次・三次被害と拡大しやすくなります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用