千葉市緑区で劣化している塗膜の屋根に塗り替えではなく屋根カバー工法を選択


千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装が剥がれ、色褪せや苔が発生している状態です。化粧スレートの素地が露出している部分も全体的に見られます。塗装が剥がれてくると防水性が低下してきますが、素地が露出してしまうと雨水を吸収しやすくなり不具合が不具合が発生します。雨水を吸収した化粧スレートは膨張し、太陽光や風により乾燥され収縮する動きが生じます。この膨張と収縮を繰り返す事で反りや割れの原因に繋がります。定期的に屋根塗装で保護する事で防水性や耐久性の保持に繋がりますので、定期的に状態を確認するよう心掛けましょう。
P8160009_R
P8160013_R
調査を続けると、棟板金の反りを発見しました。棟板金の内部には板金を固定するうえで欠かせない下地材の貫板が設置されています。貫板は新築時には木製のものが使用されている事が殆どで、経年の劣化により腐食などの症状が発生します。棟板金は貫板に釘で留めてあるので貫板が腐食してしまうと板金を固定する力が低下してしまい、風や地震の揺れなどの影響で少しずつ釘が抜けてきてしまいます。釘が抜けてくることにより棟板金も固定する力が低下し風に煽られてしまうと棟板金自体の反りに繋がってしまうのです。このままですと、飛散してご近所の建物を破損させてしまったり人身事故に繋がってしまいます。浮いた隙間から雨水が吹き込んで雨漏りに繋がる危険性もありますので事故や雨漏りを未然に防ぐ為にも早期対応が必要になります。
DSC_7078_R
DSC_7075_R
お客様には調査のご報告をし、屋根塗装でのメンテナンスでは耐用年数が期待できないので、費用対効果の高い屋根カバー工事をご提案しました。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用