千葉市緑区あすみが丘で外れた雨樋を点検、お家に這樋がある方は要注意


千葉市緑区あすみが丘のお客様から雨樋が外れてしまったというご相談を承りました。何でも昨年の台風後、「1階の屋根の付いている雨樋がよく動くようになったような気がして針金で固定しておいた」ということです。固定する金具が外れて動きやすくなってしまったのでしょうか。
外れてしまった雨樋
外れてしまった雨樋が庭先に横たわっていました。色からするとかなり年月を経ているようです。どの部分の雨樋かをお客様にお聞きしますと、「屋根の上のもの」ということです。早速、その屋根の部分を教えてもらい、点検していきます。
雨樋があった下屋
正常な這樋
外れてしまったのは1階部分の屋根の這樋です。這樋(はいどい)と読みます。聞きなれない言葉ですが、屋根の上を這うように設置されているから這樋と言えば、よく意味が分かりますよね。実はこの這樋、極めて外れてやすく、強風被害に遭いやすいのです。
剥き出しになったエルボの部分
お手製の固定器具
這樋が外れてやすいのは固定されている部分が少ないからです。屋根の上なので穴を開けて固定するわけにもいかないので、必然的に屋根の上の以外の部分で固定されることになるのですが、途中で曲がりがあるため、這樋そのものが固定されているわけではありません。お客様は自分でスレートの重なり部分に金属板を挟み、そこに針金を通して固定したようですが、耐えきれなかったようです。幸いにも割れ等はなく、部品の紛失もないため、専用の接着剤で元に戻せるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........