千葉市稲毛区|強風の影響で棟板金が飛ばされてしまった

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

15日は、低気圧からのびる寒冷前線の影響で関東地方は強風強雨が吹き荒れておりました。皆様のお住いの地域では屋根の状態に影響はございませんか?風向きによって生じる雨漏りなどの症状はございませんでしたか?強風の吹いたあとは見える範囲で構いませんので家屋の点検をしましょう。屋根材や外壁材が落ちていたら点検依頼をすることをお勧めいたします。外壁の場合は目視での確認が可能ですが、高所である屋根の場合は大変危険ですので、私たちのような屋根専門業者に点検依頼をするとよいでしょう。街の屋根やさんでは点検お見積りは無料にて対応しておりますのでご安心くださいませ。
棟板金が剥がれてしまった 庭に落下
強風の吹いたあとは家屋の点検をしましょう
早速、千葉市稲毛区にお住いのお客様宅へ伺いしてまいりました。お問い合わせの内容は、庭に屋根の板金が落ちていたというものです。どこかへ飛散してしまったのではなく、お庭に落下していたということが幸いです。通行人やご近所様の車などに当たったりしたら大変です。劣化した棟板金を放置すると、そのようなケースが想定できますので、定期的な点検を怠らないようにしましょう。
強風による棟板金飛散
強風による棟板金飛散
屋根の上に上ると、完全に棟板金は飛ばされ下地がむき出しになっている状態でした。
棟板金(むねばんきん)とは?
屋根と屋根の面が合わさるてっぺんの部分を棟板金と呼びます。この棟板金のお蔭で雨水の浸入を防いでくれています。この板金が強風などにより飛ばされてしまうことを棟板金飛散(むねばんきんひさん)と言います。
そしてこの板金の中には棟板金を固定している貫板が入っており、この貫板も経年により劣化・腐食をしていきます。
板金はこの貫板に釘を打ち付け固定されていますので、貫板が劣化していると固定力がなくなり釘も抜けてしまいます。釘が抜ける=貫板がスカスカな状態ですので、今回のような強風・または台風などに晒されると簡単に吹き飛ばされてしまいます。
棟板金が飛散したままの状態にしていると雨漏りにも繋がりますので早急な修理が必要になります。

今はプラスチック樹脂製の貫板も出ており耐久性も格段にアップしております。気になる屋根のメンテナンスには街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせくださいませ。必要な工事のご提案をさせていただきます。
棟板金内の貫板の劣化

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........