千葉市稲毛区長沼原町で築30年の瓦屋根の隅棟の棟取り直しを行いました


千葉市稲毛区長沼原町で行った築30年が経過した瓦屋根の隅棟の棟取り直し工事とケラバ瓦の修繕工事の様子をご紹介します。「下屋根の隅棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい」とお問い合わせをいただき調査を行ったところ、隅棟の漆喰が剥がれており葺き土が露出している状態でした。放置してしまうと、隅棟が崩れてしまったり雨水が葺き土に浸透し、建物内部へと雨水が浸入する原因になってしまいますので棟取り直し工事を行なう運びとなりました。
千葉市稲毛区長沼原町で下屋根の隅棟の漆喰が剥がれてしまい葺き土が露出しています
千葉市稲毛区長沼原町で隅棟の漆喰が剥がれています
棟の漆喰は瓦と瓦とを固定する接着剤のような役割を果たしております。剥がれてしまうと棟の崩壊に繋がり、崩れた際にのし瓦や冠瓦が周囲の瓦に干渉し割れてしまうケースも少なくありません。葺き土も経年により劣化しておりますので、一度棟を解体し、新しく棟を作る棟取り直し工事を実施しました。
千葉市稲毛区長沼原町でシルガードを使用して棟の取り直しを行いました
千葉市稲毛区長沼原町で棟取り直しの土台を作りながら銅線を仕込んでいきます
新しい漆喰にはシルガードを使用します。シルガードは屋根専用の漆喰で従来の漆喰と比較すると吸水率が低減されており、防水性に優れていますので耐久性が高い漆喰です。葺き土が不要になりますのでシルガードのみの一発仕上げになります。土台はのし瓦や冠瓦を固定する銅線を仕込んで作っていきます。
千葉市稲毛区長沼原町で下屋根の隅棟の棟取り直し工事を行ないました
のし瓦や冠瓦を積んでいき銅線で固定していきます。鬼瓦も銅線で固定し、専用のコテで鬼瓦廻りを漆喰で固定していきます。最後に面戸部分などをコテで仕上げて棟取り直し工事は完了です。
漆喰は紫外線や風雨などの影響でどうしても傷んでしまいます。屋根の上にある棟の部分は普段は目にすることはありませんので、漆喰の傷みに気が付かく事は困難になりますので、剥がれた漆喰が落ちてきて傷みに気が付くケースも少なくありません。棟の崩壊や雨漏りなどが発生する前に、点検する事を推奨します。街の屋根やさんでは調査・お見積は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市稲毛区黒砂で崩れた棟瓦を取り直して瓦屋根を復旧

大棟が崩れてしまった瓦屋根
棟取り直しで改善された瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区園生町でベランダ屋根を耐久性のあるポリカーボネート波板へ交換

ポリカ施工前
ポリカ施工後
工事内容
足場
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
6枚
保証
工事費用
¥34.000