千葉市稲毛区園生町にて棟瓦のズレ確認、原因は番線の緩みでした


日本瓦の調査を実施致しました。瓦屋根のズレ確認

日本瓦の調査を実施致しました。
棟瓦のズレ確認調査を実施
千葉市稲毛区園生町にて瓦屋根の調査を実施させて頂きました。建てられて25年程経過されているそうで、瓦屋根の一部に歪みが出ているかもとの事でした。瓦屋根はスレート屋根や鋼板材の屋根と違い一枚が5キロほどあります。瓦屋根がもし歪んでいたとしたら落下してしまう恐れもありますので大変危険です。瓦屋根は陶器瓦やセメント屋根などの種類がありますが、こちらの瓦屋根は陶器瓦になります。陶器は日本の土を使用して高温の窯で焼き上げたもので、その上に釉薬(ゆうやく)の薬剤をかけて仕上げていくものです。釉薬をかけて焼きあげる事でガラス繊維状になりツルツルになり、雨などの滞留を軽減できます。

棟瓦のズレがありました。落下の危険がありました

棟瓦のズレがあり落下の危険
瓦屋根に棟瓦の調査を行いました。左によってしまっている事がおわかりだと思います。こちらの棟瓦はの平たいのし瓦の上に丸瓦が設置されているものです。このままですと棟瓦の落下に繋がってしまいます。何が原因なのか、どの様な工事が最善なのか工事のご提案をさせて頂きました。

棟瓦の漆喰、番線の緩みがありました

漆喰の割れ調査
棟瓦を固定する番線調査
漆喰の割れがありました。棟瓦の下にある白いものが漆喰になります。中には土が入っていますのでそれを外にでてくるのを防ぐものです。次に番線ですが緩んでいて棟瓦を固定出来ていませんでした。番線が緩んでいる事が原因で棟瓦のズレが発生していました。落下の危険がありますので早めのメンテナンスが必要になります。棟瓦の取り直し工事のご提案をさせて頂きました。漆喰をシルガード漆喰に変更し、番線を下地から交換工事が出来るからです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市稲毛区黒砂で崩れた棟瓦を取り直して瓦屋根を復旧

大棟が崩れてしまった瓦屋根
棟取り直しで改善された瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区園生町でベランダ屋根を耐久性のあるポリカーボネート波板へ交換

ポリカ施工前
ポリカ施工後
工事内容
足場
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
6枚
保証
工事費用
¥34.000