千葉市稲毛区園生町で棟瓦のズレ、落下する前にメンテナンスが必要です


瓦が一枚浮いているとの事でしたので、調査いたしました

棟瓦のズレ
ズレ
千葉市稲毛区園生町にお住いのお客様になります。築30年で瓦屋根のメンテナンスはされていない様でした。瓦が浮いているとの事で、早速瓦屋根の調査を致しました。浮いている箇所は棟瓦の事でした。瓦は重くできていますので、大変危険な状態です。なぜ棟瓦がズレているのか、原因はなぜなのか、工事はなにが最善なのかを説明させていただきます。棟瓦は屋根の最上部に付いている瓦の名前の事になります。見た目もそうですが、雨漏れ防止の為にあるものです。ズレていたり、割れてしまった場合は雨漏りに直結します。

落下の危険がある棟瓦

棟瓦
強風などで煽られてしまいで棟瓦がズレてしまったと思われます。強風だから仕方がないと思われると思いますが、基本的しっかり固定されている瓦はズレなど起こしません。こちらの棟瓦を固定しているはずの銅線がたるんでいて役目を果たしていませんでした。棟瓦の基礎の土台お中身は土を使用されています。年数が経ちますとその土が外に出てしまうので、やせてしまい棟全体が沈んだ事が原因でした。当然ここだけではなく全体的に銅線が緩んでいます。

漆喰です

漆喰
漆喰
漆喰が割れていて中の土が出てきていました。棟全体がやせてきていますので、漆喰を詰め直す工事では意味がありません。既存の棟瓦を撤去し、漆喰も防水性のあるシルガードを使用する工事が一般的です。棟取り直し工事のご提案をさせていただきました。落下してしまう前にメンテナンスが必要です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市稲毛区黒砂で崩れた棟瓦を取り直して瓦屋根を復旧

大棟が崩れてしまった瓦屋根
棟取り直しで改善された瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区園生町でベランダ屋根を耐久性のあるポリカーボネート波板へ交換

ポリカ施工前
ポリカ施工後
工事内容
足場
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
6枚
保証
工事費用
¥34.000