千葉市稲毛区で屋根カバー工事、雨水の浸入・浸透を防ぐルーフィング(防水紙)敷設


千葉市稲毛区で屋根カバー工事を着工しました。屋根カバー工事は今までの屋根に新しい屋根材を被せる工事になりますので、解体工事費と廃材処理費が屋根葺き替え工事と比較すると節約できます。解体が必要なのは棟板金や雪止めぐらいなので、工期も短くなり工事費用が安く抑えられるのです。本日の工程は既存の棟板金の解体・撤去を行い、雨水の浸入を防ぐのに重要な「ルーフィング」の敷設です。既存の棟板金と貫板を解体し撤去します。その後、雪止めも一緒に撤去し廃材部分はこの部分のみになります。撤去が終了後、清掃を必ず行ってからルーフィングを敷設していきます。
P8040001_R-1
DSC_7056_R
ルーフィングは屋根の下葺き材で新築時には屋根材の下の野地板の上に敷設されています。屋根材から侵入してきた雨水を建物内部に侵入させないように屋根材の下に葺かれているので下葺き材と呼ばれています。ですから、雨水の浸入を最終的に防いでいるのは屋根材ではなくルーフィング(下葺き材)なのです。雨漏り発生の原因の多くは屋根材ではなくルーフィングの不具合になりますので、タッカー(ホッチキスを少し大きくしたもの)という金属製の留め金具を使用し迅速かつ丁寧に敷設していきます。今回使用する改質アスファルトルーフィングの成分はアスファルトの他に、合成ゴムや合成樹脂を混ぜたものを加えたものになります。剥離性や摩耗性などの性能が期待でき、耐用年数が約20年と言われていますので今後、雨漏りの心配もなく安心して生活できる事でしょう。
DSC_7090_R
DSC_7096_R-2
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8100149_R

千葉市中央区で屋根カバー工事を行なっています。こちらのお客様邸では、既存の屋根材がニチハのパミールでした。経年により屋根材自体がミルフィーユ状に剥がれてしまう屋根材です。塗装をしても屋根材が剥がれてしまうなどの不具合を発生する危険性がありま...........