千葉市稲毛区で屋根葺き替え、野地板を張り増しし、防水紙(ルーフィング)を敷設

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市稲毛区のお客様邸で屋根葺き替え工事を行なっております。既存の屋根材はセメント瓦で漆喰にひび割れや剥離などの劣化症状がみられていたので、メンテナンス時期という事もあり屋根葺き替え工事を行なう運びとなりました。本日の工程は、瓦降ろしから防水紙(ルーフィング)敷設までを行いました。
屋根葺き替え工事の瓦降ろしから防水紙の敷設までの工程は一日間で完了しなければなりません。既存の瓦を撤去すると、現在敷設されている防水紙が露出した状態になり、経年により劣化しているので穴が開いていたりと不具合が発生している場合があります。こちらのお客様邸でも穴開きや捲れなどがありましたので、新しい防水紙を敷設する前に雨が降ってしまうと雨漏りが発生する危険性があるのです。ですから、天候を確認し職人さんの人数を増やすなどの対策をして作業を行います。

180913_0017_R
2271e531507ebddfb6f3b478428ba5b2
既存の瓦を撤去したら防水紙や屋根材を設置する為の下地材を貼ります。下地材は12mmのコンパネを使用し屋根の強度を高めます。雨漏りの原因の多くはルーフィングや屋根材の不具合ですが、下地材の劣化も雨漏りに繋がりますので屋根を葺き替える際には下地材も新しいものを貼っていきます。
下地材の設置が完了したら、防水紙を敷設します。防水紙は雨水の浸入を防ぐ為に欠かせないものになり、重要な役割を担います。雨水は上から下へと流れますので、防水紙が重なる部分は必ず上から覆うようにします。ですから、軒先から敷設を開始し大棟部分で完了となります。
180913_0010_R
180913_0008_R
防水紙の敷設が完了し本日の工程は無事終了となります。これで雨が降っても安心です。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区で強風で外れてしまった屋根棟板金の交換工事

千葉市稲毛区 棟板金の外れ
千葉市稲毛区 棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

27342cfd15f96d8dc40b5476c9747e3a

千葉市花見川区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根のメンテナンスを考えているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。梯子で屋根に上がると、軒先に苔が発生しているのを発見しました。軒先は下から...........