千葉市稲毛区にて屋根のメンテナンスでお困りのお客様

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市稲毛区のお客様より「屋根のメンテナンスを考えているので点検してほしい。」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレート屋根は太陽の紫外線や風雨、砂埃などの影響を毎日受けていますので徐々に塗装が剥がれてきます。化粧スレートは塗装で保護されており、防水性や耐久性を保持しているのですが塗装が剥がれてしまうと保護機能が低下し雨水などの水分を吸収しやすくなります。防水性が低下し水分を含んでしまうと化粧スレートに苔やカビ、藻が発生します。放置してしまうと美観も損ねるだけでなく屋根全体に拡がってしまいますので美観を損ねるだけでなく化粧スレートに水分が浸透し耐久性の低下にも繋がりますので気を付けなければいけません。
DSC_6663_R
DSC_6681_R
化粧スレートは雨水などの水分を含むと膨張するのですが、太陽光などにより乾燥します。乾燥する際に収縮する動きが生じるので塗装メンテナンスをせずにいると、この動きを何度も繰り返す事により反りや割れなどの不具合が発生して耐久性が低下してしまいます。多少の割れでしたらコーキング材などの補修を行い塗装で保護する事が出来るのですが、反りが著しい場合には塗装でのメンテナンスが厳しい状態になってしまいます。反ってしまった化粧スレートは塗装では元通り平らにはなりません。また、高耐候塗料で塗装しても塗料本来の耐用年数が期待できないからです。その他にも、反った隙間から雨水が浸入しやすくなり下に葺かれているルーフィングの劣化を早めてしまうので、築年数や今までのメンテナンス状況を考慮した工事が必要になります。こちらのお客様邸は築25年で屋根のメンテナンスは塗装工事のみという事です。ルーフィングの寿命が約20~30年ですのでこのままですと雨漏りが発生する事が考えられます。ですから、お客様には塗装でのメンテナンスではなく屋根カバー工事のご提案をしました。
DSC_6634_R
DSC_6638_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。