千葉市中央区都町で築30年の化粧スレート屋根調査、防水性の低下が原因で反りなどの様々な傷みが発生していますので屋根葺き替え工事で解消します


千葉市中央区都町で行った築30年が経過した化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「屋根が傷んでいるのでメンテナンスをしたい。どのようなメンテナンスが良いかまずは点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。化粧スレートは塗装で保護されており定期的にメンテナンスを行う事で防水性や耐久性を保持する必要があります。塗料の種類にもよりますが一般的に10年毎に塗り替えを行う事で美観の維持にも繋がるのですが、こちらのお客様邸は約20年前に屋根塗装を行ってから一度も塗り替えていないとの事で屋根全体に苔や藻、カビが発生しているのでお家が古い印象を与えてしまいます。
千葉市中央区都町で化粧スレート屋根調査を行い屋根全体に苔や藻、カビが発生していました
苔や藻、カビが発生しているスレートは防水性が低下しています。防水性が低下しているという事は雨水を吸収しやすくなっている状態になりますので水分を好む苔や藻、カビが発生してしまうのです。下から見上げると、分かり難い軒先も大きな苔が発生しています。軒樋が死角になるので分かり難いので気が付いたら写真のような状態になっているケースも少なくありません。スレートとスレートが重なる部分は吹き込んでスレートの下に入った雨水を排水する役割がありますので、苔が原因で雨漏りに繋がる場合もありますので定期的にメンテナンスをするよう心掛けてください。
千葉市中央区都町でスレート屋根の軒先に大きな苔が発生しています
千葉市中央区都町でスレートとスレートが重なる部分に大きな苔が発生し隙間を埋めています
防水性が低下したスレートは雨水を吸収しやすくなり水分を含むと膨張します。太陽熱や風などの影響で乾燥される際には収縮します。膨張と収縮をする事で動きが生じるのですが、その際に負荷が掛かりますのでメンテナンスを行わずに放置してしまうと反りが発生し、反りの負荷に耐えられなくなると割れてしまいます。一度反ってしまったスレートは塗装メンテナンスでは平らに戻らないのでご注意ください。
千葉市中央区都町で耐久性が低下し反ってしまったスレートは塗装メンテナンスでは平らに直せません
千葉市中央区都町で防水性が低下したスレートに反りを発見
築30年が経過したスレート屋根は防水性や耐久性が低下しているうえに棟板金などの板金部分の錆が顕著に見られます。スレートの下に敷設されている防水紙のメンテナンスも行っていないという事ですので、既存の屋根を解体し新しい屋根に葺き替える屋根葺き替え工事をご提案しました。野地板や防水紙のメンテナンスも行いますので雨漏りなどの不安を解消し、安心して生活できます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用