千葉市中央区蘇我で漆喰の剥がれにより鬼瓦が外れそうな屋根の調査、危険なので棟取り直しで解消します


千葉市中央区蘇我で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「近隣の方から鬼瓦が外れそうになっていると言われたので点検してほしい」とお問い合わせをいただきました。鬼瓦は瓦屋根の棟の端部に設置されており雨仕舞いの役割を兼ねた役瓦になります。古くから棟の端部は家内安全や無病息災などを祈る神聖な場所としてあがめられていました。厄除けや魔除けの意味もあり、昔は「鬼を味方に付ける」「鬼が厄を払う」と信じられていたことから、瓦に鬼を彫り鬼瓦と呼ぶようになったと言われています。現在では、家紋や植物などの装飾瓦が多くなってきていますが、鬼が彫られていなくても鬼瓦と呼ばれています。
千葉市中央区蘇我で鬼瓦の調査
鬼瓦は雨水の浸入を防ぐ重要な役割を果たしております。棟の内部には土台となる葺き土があり、面戸部分を漆喰、端部を鬼瓦で塞ぐことにより建物内部への雨水の浸入を防ぐ雨仕舞いの役割を果たしているのです。本来、鬼瓦と棟瓦の接合部分は漆喰で固定してあります。しかし、経年の劣化により剥がれてしまった事により鬼瓦と棟瓦の接合部分に隙間が生じ、固定する力が弱くなり傾いてしまっているのです。このままですと、雨漏りの原因になっていまいますので鬼瓦廻りの漆喰補修などの早期対応が必要となります。
千葉市中央区蘇我で外れそうな
千葉市中央区蘇我で行った瓦屋根の漆喰の調査
調査を続けると、漆喰の剥がれを発見しました。経年により漆喰は剥がれてしまい、葺き土に雨水が浸透すると固定する力が低下してくるので棟自体が歪んでしまいます。棟は風や地震などの揺れの影響も受けますので、固定する力が弱くなると風害などの被害に遭い崩壊する危険性に繋がります。棟が崩壊してしまうと瓦が滑落してしまい周囲の瓦を割るなどの二次被害にも繋がります。
千葉市中央区蘇我で棟の歪み
千葉市中央区蘇我で外れそうな
葺き土が露出したままの状態を放置すると、雨水が屋根内部へと浸透してしまうので棟の崩壊以外に雨漏りの原因となってしまいます。雨漏りが発生してしまうと躯体の腐食などにも繋がりお家の寿命を縮めてしまう恐れがあります。幸いな事に雨漏りは発生していないという事なので、未然に防ぐ為にも棟取り直しで雨漏りや棟の崩壊の不安を解消します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用