千葉市中央区蘇我で強風の影響により棟の巴瓦が落下、漆喰(しっくい)が劣化しているので棟取り直しで解消


千葉市中央区蘇我で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は洋瓦で、色違いのものを組み合わせて葺いたとてもおしゃれな混ぜ葺きです。「強風で瓦が落ちてきたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。落下してきた瓦は棟の巴瓦だという事が分かりました。巴瓦は棟の端部に使用されることが多く、丸瓦の先端に巴が付いている瓦で使用される部分で名称が異なります。巴瓦が設置されていた部分を点検すると、劣化した葺き土が露出しているのを発見しました。このままですと、雨水が建物内部へと浸入し、雨漏りの原因になってしまいますので棟取り直しなどの漆喰工事が必要になります。
千葉市中央区蘇我で巴瓦が落下
巴瓦が落下した部分以外にも葺き土が露出している箇所を発見しました。面戸部分の漆喰が剥がれています。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤のような役割を果たしていますが、剥がれてしまうと瓦を固定する力が弱くなり強風や突風などの風害に遭いやすくなるのです。葺き土が崩れている状態を放置してしまうと、棟自体が崩れ崩壊する危険性に繋がります。棟が崩壊してしまうと瓦が落下しますので、周囲の瓦に干渉してしまうと衝撃で瓦が割れてしまう恐れがあります。棟の耐久性が低下する事により屋根全体に被害を及ぼす事がありますので定期的に漆喰工事のメンテナンスを行う事を推奨します。
千葉市中央区蘇我で葺き土が露出
千葉市中央区蘇我で漆喰の剥がれ
棟の漆喰や葺き土が劣化したり、下地材の貫板に留めている釘が浮いてくると固定する力が低下してしまいますので、本来真っ直ぐな棟が歪んでしまいます。冠瓦も浮いてきてしまうので、雨水が吹き込んでしまうと棟の内部に雨水が浸入しやすくなります。
千葉市中央区蘇我で棟を留めている釘の浮き
千葉市中央区蘇我で棟の歪み
棟の内部に雨水が浸入する事により下地材を腐食させたり、葺き土を傷めてしまうので棟が歪んでしまうのです。従来は葺き土を土台として棟を形成していましたが、現在では「なんばん漆喰」など葺き土が不要でできる漆喰工事が普及しています。雨漏りに繋がる巴瓦の落下や棟の葺き土の傷みは、棟取り直し工事で解消します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用