千葉市中央区白旗で瓦のズレや剥がれを起こしている瓦屋根を点検


粘土瓦の屋根は瓦自体がとても丈夫でほぼ劣化しないことから50~100年の耐用年数があると言われています。そのことから、屋根自体をメンテナンスフリーとお考えになっている方も多いのですが、漆喰などは定期的なメンテナンスが必要です。千葉市中央区白旗でこれまでメンテナンスをしていないという瓦屋根を点検して参りました。
棟の下の瓦がずれている
半丸の棟瓦の下の瓦が押し並べてずれています。こうなった理由は漆喰がひび割れてなくなってしまったからです。とても危険な状態で強風やちょっとした地震があれば、このずれた瓦が落下してきます。早急に直さなくてはいけません。
IMG_20160313_151859
葺き土の流出
こちらの大棟(水平な部分)から下り棟へと繋がる部分は漆喰もなくなり、その内側の葺き土(瓦の土台となっている練った土)も流出してしまい、空洞ができています。少しでも衝撃があれば棟瓦が崩れ落ちてしまうでしょう。これからは雨が多くなる季節ですから、このままですと、他の部分の葺き土も流出していきます。瓦はますますズレやすくなるわけです。
瓦の割れ
瓦がずり落ちた棟
既に瓦がずれて滑り落ちて、なくなっている部分もあります。このままにしておくと、瓦が滑り落ちてしまう部分はますます増えるでしょう。棟を解体し、積み直す棟取り直し工事を一刻も早く行う必要があります。とても危険な状況なので、工事を終えるまで地震や悪天候とならないことを祈るばかりです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区蘇我で瓦屋根の鬼瓦の傾きや棟の歪みを確認、棟の崩壊や雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消

棟取り直し前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
シルガード(漆喰)
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
26万円