千葉市中央区生実町でスーパーガルテクトを使用し、スレート屋根に屋根カバー工事


千葉市中央区生実町で行っている屋根カバー工法の様子をご紹介します。築30年で屋根のメンテナンスをご検討されており、屋根材の下に敷設されているルーフィング(防水紙)の寿命も懸念されている事から屋根カバー工法を行う運びとなりました。屋根カバー工法は既存の屋根に新しい屋根を被せる工法になり、重ね葺きとも呼ばれています。解体工事が板金部分くらいですので廃材が少なく解体費用が安く抑えられます。
千葉市中央区生実町で屋根カバー工法
千葉市中央区生実町屋根カバー工法で棟板金解体
屋根の棟板金などの板金部分を解体後、建物内部への雨水の浸入を防ぐ為のルーフィングを敷設します。ルーフィングは下葺材や防水紙などと呼ばれ、屋根カバー工法などの改修に最適で貼り直しが可能な遅延粘着型の物を使用します。貼り付け直後は剥がせますので作業性に富んでおり、貼り付け数時間で強固な粘着力と防水効果を発揮します。耐用年数は20~30年ですので今後、雨漏りの心配もせずに安心して生活できます。
千葉市中央区生実町屋根カバー工法でルーフィング敷設
千葉市中央区生実町屋根カバー工法でスーパーガルテクト設置
ルーフィング敷設完了後、屋根材を設置していきます。ルーフィングもそうですが屋根材も軒先から設置していき、雨水が浸入しにくくなるよう上に重ねて設置していきます。屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトで、金属製の屋根材になります。ガルバリウム鋼板という素材で耐用年数は20年以上と超高耐久になります。1㎡あたり5kgと超軽量の為、建物に掛かる負担も軽減され耐震性にも優れています。
千葉市中央区生実町屋根カバー工法でスーパーガルテクト設置
スーパーガルテクトは金属製ですが錆びにくいのも特長の一つです。同じ金属屋根で一般的なトタンである亜鉛メッキと比較すると約4倍の防錆性がありますので錆を気にせずに安心して生活できます。
本日は、屋根材の設置までで作業が終了となります。残りの工程は棟板金の設置のみとなりますので完成が楽しみです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用
施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

千葉市若葉区若松町でトタン屋根からサビに強いガルバリウム波板のカバー工事

b
a
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム波板
築年数
40年
建坪
123㎡
保証
5年
工事費用
¥1.000.000

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区蘇我で瓦屋根の鬼瓦の傾きや棟の歪みを確認、棟の崩壊や雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消

棟取り直し前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
シルガード(漆喰)
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
26万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町にて棟の取り直し工事を行い瓦の落下や雨漏りの発生を防止

熨斗瓦の抜け
棟の取り直し工事完了
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
南蛮漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

船橋市東町で化粧スレート屋根のアンテナが強風の影響で転倒

船橋市東町で行った築30年が経過した化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「強風の影響でアンテナが倒れたので屋根の点検をしてほしい。屋根のメンテナンスも検討しているので併せて点検をお願いします。」と、お問い合わせをいただきました。屋根...........