千葉市中央区椿森で瓦屋根の漆喰(しっくい)の剥がれ発覚、棟取り直しで雨漏りを防ぐ


千葉市中央区椿森で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「屋根の鬼瓦がズレているような気がするので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様邸に到着し、該当箇所にご案内していただくと屋根の頂点から若干ズレています。早速、梯子を使い屋根に上がると漆喰(しっくい)が剥がれた影響で固定する力が低下した事が原因でズレている事が分かりました。漆喰が剥がれてしまった事で棟ののし瓦もズレています。このままですと、のし瓦が滑落し、周囲の桟瓦などに干渉してしまうと割れてしまう二次被害に繋がる危険性がありますので早期に棟のメンテナンスが必要になります。
千葉市中央区椿森鬼瓦ズレ
千葉市中央区椿森のし瓦ズレ
c7917361f3413054a3597177af78c829-columns1
漆喰が剥がれてしまうと、棟の土台となっている葺き土が露出してしまいます。雨水の浸入を防ぐ漆喰が剥がれてしまい、葺き土に雨水が当たってしまうと雨水が浸透してしまいます。浸透した雨水が屋根内部に侵入してしまうと雨漏りの原因となりますのでこちらも早期にメンテナンスする必要があります。
千葉市中央区椿森棟針金の切れ
千葉市中央区椿森棟の歪み
漆喰は棟の瓦と屋根の瓦を固定する接着剤の役割を果たしていますので、剥がれてしまうと棟を固定する力が低下してしまいます。棟自体が歪んでしまうと崩壊する危険性があり、被害が大きくなってしまう恐れがあります。漆喰の剥がれが軽度でしたら、棟の漆喰詰め直しで対応できますが、こちらのお客様邸は棟全体の漆喰が剥がれていますので、棟を一度解体して取り直す棟取り直しが最適です。棟取り直しを行う事で雨漏りを未然に防ぎます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円
施工事例

八街市沖渡で経年による不安を抱えている瓦屋根を棟取り直しで安全に

棟取り直し前の洋瓦
棟取り直し後の洋瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード,エコランバー瓦桟
築年数
築21年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区蘇我で瓦屋根の鬼瓦の傾きや棟の歪みを確認、棟の崩壊や雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消

棟取り直し前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
シルガード(漆喰)
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
26万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

大棟との隙間が開いた下り棟

瓦というと一般的には粘土を成形して焼いたものと認識されていますが、セメントなどを成型して着色した瓦もございます。八千代市吉橋でそのセメント瓦の屋根を点検してきましたので、その様子をご紹介致します。セメント瓦は漆喰などのお手入れの他、塗装も必...........

葺き土の流出

粘土瓦の屋根は瓦自体がとても丈夫でほぼ劣化しないことから50~100年の耐用年数があると言われています。そのことから、屋根自体をメンテナンスフリーとお考えになっている方も多いのですが、漆喰などは定期的なメンテナンスが必要です。千葉市中央区白...........