千葉市中央区大巌寺町にて防水性に優れた高耐久のなんばんで棟取り直しを行いました


千葉市中央区大巌寺町で行った棟取り直し工事の様子をご紹介します。お問い合わせのきっかけは「庭に漆喰のようなものが落ちているので点検してほしい。」との事でお伺いしたところ、鬼瓦廻りの漆喰の傷みや棟の歪みが見られましたので棟取り直し工事を行なう運びとなりました。漆喰は瓦と瓦とを固定する接着剤のような役割を果たしておりますが、経年により劣化してしまうと剥がれてしまうので、棟を固定する力が低下し、棟が歪んだり崩れたりなどの不具合に繋がります。
千葉市中央区大巌寺町で棟が歪んでいるので棟取り直し工事を行ないました
千葉市中央区大巌寺町で鬼瓦廻りの漆喰の剥がれ
今回、棟取り直し工事に「なんばん」を使用します。なんばんは馬場商店が製造・販売している南蛮漆喰の商品名です。従来の瓦屋根の棟部分は土台に葺き土を使用し、漆喰は面戸部分ぐらいに使用されていましたが、なんばん漆喰は一回仕上げになりますので葺き土は不要で、その代わりを担います。硬化も促進されており工期の短縮にも繋がります。従来の南蛮漆喰の成分を調整・変更、特殊なシリコンを配合しているので吸水率を低減し、雨水が浸透しにくく崩壊しにくいので、高防水、高耐久に仕上がります。
千葉市中央区大巌寺町でなんばん漆喰を使用し棟取り直し工事を行ないました
千葉市中央区大巌寺町で行った棟取り直し工事は真っ直ぐ仕上げる目安となる水糸を使用します
既存の棟を解体し、既存の葺き土や漆喰などを撤去します。撤去後に清掃をしてから新しい棟を作っていきます。棟ののし瓦や冠瓦を最後に固定する為の銅線を仕込みながら、真っ直ぐ棟を仕上げられるよう目安となる水糸を張り漆喰で土台を成形していきます。
千葉市中央区大巌寺町でなんばん漆喰を使用した棟取り直しの工事完了です
漆喰を詰め、のし瓦を積んでいき冠瓦を乗せて銅線で固定し棟取り直しの工事は完了です。防水性に優れており高耐久のなんばん漆喰で取り直した棟になりました。今後は漆喰の心配がいりませんので安心して生活できる事でしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........