千葉市中央区亀井町で棟が崩れてのし瓦が落下、葺き土が露出し雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消


千葉市中央区亀井町で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「瓦が1枚落ちてきたので屋根の点検をしてほしい」とお問い合わせをいただきました。落ちてきた瓦を見せていただくとのし瓦という事が分かりました。のし瓦は屋根の頂上部分の棟を積む際に使う瓦で短冊状(長方形)になっています。のし瓦を積むことにより雨水を屋根面に流して雨水の浸入を防いでいるのです。棟部分の調査を行う為、梯子を使い屋根に上がると棟が崩れており、のし瓦が落ちているのを発見しました。
千葉市中央区亀井町で棟ののし瓦が落下
千葉市中央区亀井町で棟が崩れています
のし瓦が落下してしまった原因は経年の劣化により棟が歪んで固定する力が低下し、風や地震などの揺れの影響で棟が崩れてしまった事が挙げられます。のし瓦は落下すると人身事故に繋がる危険性があります。今回、落下した瓦の被害はありませんでしたが、落下する途中で周囲の瓦に干渉し、桟瓦が割れてしまうケースも少なくありません。
千葉市中央区亀井町で経年の劣化により棟が歪んでいます
千葉市中央区亀井町で棟の葺き土が露出
千葉市中央区亀井町で漆喰の劣化で棟を固定する力が低下しています
崩れてのし瓦が外れてしまった部分は棟の土台となっている葺き土が露出しているので、このままですと雨水が浸透し雨漏りの原因となってしまいます。他の漆喰も、経年によりひび割れなどの傷みが見られ、棟を固定する力が低下しているので剥がれてしまうと雨漏りに繋がりますので早期対応が必要です。お客様には調査のご報告をし、雨漏りや事故が発生する前に早期に棟取り直しを行う事をご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用