千葉市中央区にて大型店舗の折板屋根から雨漏りを簡易補修


千葉市中央区のロードサイドにある大型店舗の方から「雨漏りを至急、直してほしい」とご相談を受けました。詳しい話を聞くと店内に雨漏りしており、お客様にご迷惑をかけており、営業にも支障が出ているそうです。詳しいお話を聞くと、今まで何回も雨漏りをしており、店を休みにするわけにもいかないので、全て簡易補修で凌いできたそうです。
折板屋根
シーリング材陽気のノズル
屋根は大きな折板屋根でした。折板屋根の端部分にパラペットが設けられ、そこに店舗の看板が取り付けられています。その屋根の上にのぼるとシーリング材のノズルが落ちています。これまで雨漏りを補修してきた業者が落としていったものなのでしょう。ゴミなので回収しておきます。
錆
問題部分
店舗の看板の台座となっている部分に錆を見つけました。拡がっているようですが、表面的なものであり、これが雨漏りの原因です。雨漏りの原因は一目で分かりました。繰り返しシーリングで補修されており、山のようになっている部分です。塗膜の下からも錆が出てきており、周りが剥がれ始めています。
シーリング材を除去
シーリングをやり直し
店の方にお聞きしたところ、「多少、傷ついてもいいから雨漏りを止めてくれ」ということです。シーリング材を全て取り除き、新たにシーリングすることにします。剥がしたところ、完全に錆に侵食されており、穴が開いている状態です。雨水は錆が出ている周辺から室内へと浸入していくのでしょう。今回のシーリングによって一時的には雨漏りは止まるでしょうが、再発するのは間違いありません。できるだけ早く工事をした方が錆も拡がりませんし、それだけ工事費も安くなりますとお伝えしましたが、どうも前向きではないようです。お客様からの信頼も損ねてしまうと思うのですが、どうお考えなんでしょうか。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........