千葉市中央区の屋根カバー工事で軒先唐草やケラバ唐草などの役物を設置


千葉市中央区で屋根リフォームをご検討されていたお客様よりご相談をいただき、屋根カバー工法での屋根工事を行なっています。屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して棟板金と棟板金の下地材の貫板を撤去し、その上にルーフィング(防水シート)を設置して新規の屋根材を葺いていく工法になります。
新しく屋根材を葺いていくわけですが、「役物」と言われる部材が存在するのをご存知でしょうか。屋根の雨仕舞は役物により決まると言っても過言ではありません。屋根でいう役物とは建築材料で一般物ではなく、特定の位置・用途だけに使用される異形の材料になり、軒先やケラバ、雨押えや棟などに使用される部材になります。

DSC_0602_R
DSC_0601_R
軒先には「軒先唐草」を設置していきます。軒先唐草とは、軒先に流れてきた雨水を毛細管現象によって軒先から裏側の木部に吸い上げないように確実に雨樋に落とすための水切り用の部材になります。軒先唐草を設置後、ルーフィングを設置していきケラバ部分に「ケラバ唐草」を設置していきます。ケラバ唐草も同様に水切り用の部材になります。役物は加工や設置方法を間違えてしまうと雨漏りの原因になる箇所ですので熟練の職人により確実に設置していきます。SUSビス(ステンレス製ビス)で役物を留め、しっかりとコーキング材で防水処理を施します。
DSC_0633_R
DSC_0542_R
雨水を建物内部への浸入を防ぐ役物は、軒天や破風板に雨水を浸み込ませない役割も果たします。しっかり施工する事により安心して快適な生活を送っていただける事に繋がります。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

八街市八街で過去に部分的な葺き替えをしたコロニアル屋根に部分的な屋根カバー工事を実施

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
築40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市中央区蘇我で瓦屋根の鬼瓦の傾きや棟の歪みを確認、棟の崩壊や雨漏りに繋がるので棟取り直しで解消

棟取り直し前
棟取り直し後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
シルガード(漆喰)
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
26万円