千葉市中央区にて棟板金が飛散しルーフィングが露出しています

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

千葉市中央区のお客様より「近隣の方から屋根の板金が剥がれていると言われたので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレートの棟板金調査を行いました。棟板金には下地材となる貫板を屋根に固定し、板金を覆うのですが貫板は木製ですのでどうしても経年により劣化してしまいます。腐食などにより留めてある釘が風や地震などの揺れにより徐々に外側へ抜けてしまい、強風や突風により煽られて飛散してしまいます。棟板金は固定する力を失ってくると強風時にパタパタと音を立てますので風が強いなと思った日は確認する様に心掛けてください。
P4120032_R
P4120067_R
棟板金が飛散してしまうと化粧スレートが剥がれたり化粧スレートの下に葺かれているルーフィングが露出してしまいます。ルーフィングは雨水の浸入を防ぐ重要な役割ですので、露出した状態が続いてしまうと太陽の紫外線や雨水により劣化が早まり雨漏りの発生に繋がりますので早期対応が必要になります。棟板金の飛散の原因は貫板や釘の劣化なので下地材などの耐久性が重要になります。最近の貫板には木製ではなく水分を吸収しないプラスチック樹脂製の貫板が主流になりつつあります。水分を吸収しないので木製より劣化し難いのが特長です。また、棟板金を固定するのも釘ではなく錆び難いステンレス製のSUSビスを使用し風に強い棟板金が実現します。お客様には調査の報告をし、早期に棟板金交換工事のご提案をしました。
P4120057_R
P4120037_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
千葉市 屋根外壁塗装工事後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8db39fdf4bb7aab9006da24afb31fdd6

「棟板金が飛んでしまったので見に来てほしい。」と、お問い合わせをいただいた千葉市稲毛区の化粧スレート屋根を調査しました。千葉県各地で台風24号による被害が出ており千葉市稲毛区も例外ではありません。お客様に飛散した箇所をご案内していただき屋根...........