千葉市中央区でエコグラーニを使った屋根カバー工法


本日ご紹介いたしますのは千葉市中央区で行った屋根カバー工法の様子です。スレート屋根は20年以上経つとどうしても傷み始めてきます。それを防ぐために定期的に塗装を行ったりしますが、それを怠ってしまうと屋根材自体を交換しなければならないほど劣化してしまいます。
例えば、スレート表面の色褪せや苔の発生、小さなひび割れ等であればちょっとした補修と塗装で十分ですが、スレートの割れが屋根全体に見られたり、浸水して下地の野地板までもが腐食してしまうといった場合は屋根自体を新しくする必要が出てきます。

スレートの割れが屋根全体で見られる場合は屋根材交換が必要

20160710-1_1110
これから屋根カバー工法を行う屋根の状態です。見た感じで表面の艶感もなく塗装をした形跡もありません。おそらく一度も塗装によるメンテナンスはしていなかったようです。
20160710-1_9916
あちこちにスレートの割れが見られました。スレートは幾重かに重なるようにして設置しますので、表面部分が割れたからといってもすぐに内部に浸水するわけではありません。多少の割れは補修して塗装がすれば問題ありませんが、割れがあちこちで見られることから屋根材自体がもうダメになっていると判断できます。

スレート屋根の上から金属屋根材で屋根カバー工法

20160905_3117
それでは屋根カバー工法を進めていきます。屋根カバー工法とは既存の屋根の上に新しい屋根を作る(屋根が二重になる)工法です。
今回のように下地には問題がなく屋根材を新しくする場合は屋根葺き替え工事と屋根カバー工法どちらかの選択がありますが、屋根カバー工法は屋根を解体する必要がないので廃材も少なく工期が短いというメリットがあります。
まず屋根カバー工法で不要となる棟板金や雪止め金具を撤去します。
20160905_6202
続いて既存の屋根の上から防水紙を設置します(この作業はルーフィングとも言われます)。
この上から新しい屋根材を葺いていきまます。

基材保証30年の屋根材「エコグラーニ」

20160905_3540
今回使用した屋根材はエコグラーニです。錆に強い金属であるジンカリウム鋼板が使われているので、過酷な環境である屋根にはとても適しています。基材には30年の保証がついていることも安心につながりますね。
また、鋼板の表面には自然石が施されているので見た目もゴージャスなのもこの屋根材の特徴です。今までスレートでしたが、エコグラーニにしたことでずいぶんお住まいの印象も変わりました。
街の屋根やさんでは今回使用したエコグラーニ以外にも高機能な屋根材を取り扱っております。屋根の工事をお考えの方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

八街市八街で過去に部分的な葺き替えをしたコロニアル屋根に部分的な屋根カバー工事を実施

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
築40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用