化粧スレートと棟板金の傷み過ぎは屋根カバー工事|四街道市


四街道市のお客様より「屋根の塗装がかなり劣化しているので、必要なメンテナンスを知りたい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。梯子を使い屋根に上がると全体的に苔やカビの発生が見られます。手で触るとザラザラしており、塗膜が剥がれ慎重に歩かないと滑りそうなほどです。また、傷みが進行し下地が露出している部分も発見しました。屋根の塗装は太陽光や紫外線の影響を多く受け劣化していきますので、塗装などのメンテナンスをしなければ防水性や耐久性が低下していきます。一般的に塗装の塗替えは10年と言われていますので、時期を延ばしてしまうと化粧スレートの寿命を縮めてしまいます。ですから、屋根の耐久性や防水性などを保持する為にも定期的なメンテナンスが必要なのです。
DSC_2014_R
DSC_2021_R
化粧スレートを調査している際に、棟板金を留めている釘が抜けているのを発見しました。棟板金は新築時に釘で棟板金と貫板を固定している事が多く、経年により風や地震の揺れなどの影響を受け続けていると、釘が浮いてきてしまいます。貫板は木材ですので経年により劣化し腐食などの症状が発生してきますので固定する力が弱くなり抜けてしまいます。こちらのお客様邸では何度か棟板金交換工事を行なっており、その都度既存の釘が浮いていた場合は打ち直してもらっていたそうです。しかし、他の箇所に打ちなおした際にしっかりコーキング材等で防水処理を行っていない為、釘穴が開いたままの状態になっていました。この釘穴から雨水が浸入した事により貫板の傷みの進行は早まり、釘は多数抜けている状態です。棟板金自体に反りや浮きが見られ、風などでパタパタしている状態で異変に気付く方も多く見られます。このまま放置してしまうと強風や台風などの突風で飛散し、ご近所の建物を破損させてしまったりするなどの被害に繋がります。お客様に調査の報告をし、化粧スレートは塗装しても塗料の耐用年数は期待できない状態という事をご説明しました。また、棟板金の状態を考慮し必要な工事として屋根カバー工事のご提案をしました。
DSC_2026_R
DSC_2030_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさんにお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

八街市八街で過去に部分的な葺き替えをしたコロニアル屋根に部分的な屋根カバー工事を実施

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
築40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市池花で瓦屋根の部分的な葺き直しでラバーロックと雨漏り解消

ラバーロックされた瓦屋根
ラバーロックを解消し、部分的な葺き直し
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
28年
建坪
保証
工事費用