化粧スレートの傷みは雨漏りに繋がります|千葉市稲毛区


千葉市稲毛区のお客様より「一階の天井から雨漏りがしているので調査してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。シトシトと雨量が少ない場合は雨漏りは発生しないという事ですが、雨量が多い時や風向きによって発生するようです。まずは室内の雨漏り発生箇所へご案内していただき、小屋裏の状態を確認すると屋根下地や躯体、天井材などに雨染みを発見しました。屋根下地は水分を含んだ影響で垂れさがっています。このままの状態ですと、やがて腐食してしまう事や屋根の耐久性の低下に繋がりますので早期対応が必要になります。小屋裏を確認する事で、雨水の浸入経路が確認できましたので梯子を使い屋根に上がります。屋根に上がると小屋裏で確認した場所の上部の屋根材はコーキング材で補修してありました。
PB180014_R
PB180099_R
屋根の防水は化粧スレートや瓦などの屋根材を一次防水、屋根材の下に設けられている防水シート(ルーフィング)が二次防水になります。屋根材は雨水をできるだけ、その下へ浸入させないためのものです。雨量の多い場合や風向きによっては屋根材の隙間から浸入してくるする事もあり、そのような場合は二次防水の防水シートが屋内への雨水の浸入を防ぐのです。屋根はこのような構造で雨漏りの発生を防いでいるのです。

こちらのお客様邸では屋根材がコーキング材で補修されてはいますが、経年の劣化により不具合が生じ、防水シートへ雨水が他の箇所より多く流れていると考えられます。防水シートの寿命は一般的に20年と言われていますが、雨水に多く晒されたコーキング材の下の部分は劣化が早まり、穴が開いたり捲れたりなどの症状が発生し、雨漏りの原因になってきます。お客様には調査の報告をし、他にも割れている化粧スレートが数枚ある事や防水シートが傷んでいる事から屋根カバー工事のご提案をしました。
PB180064_R
PB180099_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさんにお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8160013_R

千葉市緑区のお客様より「屋根の塗り替えを考えているので点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。化粧スレートは太陽光や紫外線、風雨や埃などの外的影響から守るために塗装で保護しているのですが経年の劣化により塗装...........

DSC_0654_R

千葉市中央区でディートレーディングのディプロマットを使用した屋根カバー工事を行なっています。「ジンカリウム鋼板」を基材とする金属屋根材のディプロマットは軽量で錆に強いので耐久性に優れています。屋根材に使用される金属屋根ではアイジー工業が製造...........

DSC_0633_R

千葉市中央区で屋根リフォームをご検討されていたお客様よりご相談をいただき、屋根カバー工法での屋根工事を行なっています。屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して棟板金と棟板金の下地材の貫板を撤去し、その上にルーフィング(防水シート)を設...........