剥離している屋根材はニチハのパミールでした|千葉市稲毛区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市稲毛区のお客様より「屋根の塗装が剥がれてきたので塗装をした方が良いか点検してほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。屋根材は化粧スレートです。梯子で屋根に上がり状態を確認すると、塗装の剥がれではなく化粧スレート自体の剥離でした。多少は屋根の色が色褪せているものの、ここまで剥離するという事は屋根材自体に原因がある可能性がありますので調べてみるとニチハのパミールという屋根材である事が分かりました。パミールは割れや欠け、剥離など多くの不具合が報告されている屋根材になります。20年以上前に建てられた住宅のスレート屋根にはアスベストが含まれている為、健康被害の問題が叫ばれアスベスト含有の物は製造禁止になりました。その後、ノンアスベスト商品を各メーカーが製造するようになりパミールが販売されるようになったのです。そして、数年経過すると全国的に前述の不具合が報告されるようになりました。
P4190059_R
P4190064_R
パミールの場合、材料自体が剥離しているので、塗装でのメンテナンスは出来ません。仮に塗装をしても、パミール自体が剥離してしまうので塗装の下から剥がれてしまうからです。何度塗っても結果は同じですのでご注意下さい。では、パミールに対してのメンテナンスは何が最適なのでしょうか。それは、屋根カバーか屋根葺き替え工事になります。屋根の下地になっている野地板の状態によりますが、野地板に腐食などの傷みが無い場合は廃材処分費が安価な屋根カバー工事を推奨します。雨漏りなどの不具合により野地板が腐食している場合は屋根葺き替え工事が必要になります。こちらのお客様邸の野地板は腐食などの傷みは見られませんでしたので、屋根カバー工事をご提案しました。
P4190067_R
P4190061_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........