八街市吉倉で庇の下半分が落下、原因は雨水の浸入にあり


庇の板金部分と支えだけを残して、その他の全てが落下してしまうというとても珍しいケースを点検いたしました。ご相談いただいたのは八街市吉倉のお客様で、外で大きな音がしたから見に行ってみると、庇が屋根の部分のみを残して落下していたのでビックリしたそうです。私達も庇の修理を依頼されることはありますが、このような例は見たことありません。
板金と支えのみとなった庇
見たとおり、庇の屋根部分である板金とその骨組みだけ残して、あとは全て落下しています。「庇全体が落下しそう」とか「庇の底板(軒天に当たる部分)がはずれそう」というケースは多いのですが、板金と梯子状の骨組みのみを残して落下してしまうのは初めて見ました。
すぐ横の庇は問題なし
落下した庇の下部分
破損した庇の隣にもドアの上に庇が取り付けてあり、こちらは何ともないようです。外壁に向かって下り勾配が付いているように見えますが、これは写真の写り方が悪いだけであって、外壁に向かって上り勾配が付いています。問題の庇の近くには落下した部分がまとめられていました。
シーリングひび割れ
シーリングの剥がれ
残された庇の上側を見てみますと、シーリングにひびがあったり、剥がれて後退している部分があることが分かります。剥がれて後退している部分に砂が溜まって変色していることから、ここに雨水が溜まり、庇内部へと浸水していったと推測されます。内部に浸水した水は排出されることもなく、乾燥することもなく、溜まり続けたと考えられます。もしかしたら、庇の鼻隠しなどからも水が染みていたのかもしれません。蟻の穴から堤も崩れるということでしょう。お客様には現在、残っている部分を解体し、新しく庇を作り直すことをご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

八街市八街で継ぎ目のあるトタン屋根を部分的にウレタン防水工事

継ぎ目のあるトタン屋根
部分的にウレタン防水されたトタン屋根
工事内容
防水工事
使用素材
エバーコートZero-1
築年数
建坪
保証
無し
工事費用
詳しくはお尋ねください
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円
施工事例

八街市文違で強風被害を受けた化粧スレートの方形屋根の棟板金交換

棟板金交換前のスレート尾根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

9cb362d5ab4c66098f95b97548cf48db

千葉市若葉区にて行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。台風24号の通過後、瓦の破片が地面に落ちているのに気が付き、屋根の状態が心配なのでお問い合わせをいただきました。お客様に瓦の破片が落ちていた場所にご案内していただき屋根を点...........