八千代市高津で屋根カバー工法、雨水の浸入を防ぐ防水紙を敷設しました


八千代市高津で行っている屋根カバー工法の様子をご紹介します。屋根カバー工法は今までの屋根の上に新しい屋根材を被せる工法です。屋根材が傷んでいても下地が健全な場合でしたら、屋根葺き替えではなく屋根カバー工法を推奨します。解体するものは既存の板金ぐらいですので、廃材が殆ど発生しませんので撤去費用が抑えられます。まず、既存の棟板金等を解体します。解体後、防水紙を敷設していくのですが、必ず軒先から棟(屋根の下部から上部)へと敷設していきます。雨水は屋根の上部から下部へと流れて行くわけですから、下部から上部へと重ねて敷設しないと雨水が屋根内部へ浸入する原因になります。
八千代市高津で屋根カバー工法、防水紙の敷設
八千代市高津で防水紙を軒先から棟へと敷設していきます
八千代市高津で敷設している防水紙は雨水が浸入しないよう下から上へと重ねていきます
屋根カバー工法の場合、使用する防水紙は貼り直しが可能な遅延粘着型のタディスセルフです。貼り付け直後は、簡単に剥がせますので再び貼り直しが可能ですので屋根カバー工法などの改修に最適な防水紙です。貼り付け数時間で強い粘着効果を発揮します。
八千代市高津で屋根足場を使用した屋根カバー工事で防水紙の敷設
八千代市高津で防水紙はタディスセルフを使用
軒先から敷設していき、屋根の頂上の棟部分まで1日間で敷設します。敷設途中で翌日に持ち越してしまうと、夜間などに雨が降って既存の屋根との接着が弱くなってしまい防水紙の耐用年数が短くなってしまうからです。ですから、しっかり屋根全体に防水紙を敷設して防水紙敷設の工程は終了となります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用
施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

千葉市若葉区若松町でトタン屋根からサビに強いガルバリウム波板のカバー工事

b
a
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム波板
築年数
40年
建坪
123㎡
保証
5年
工事費用
¥1.000.000

同じ地域の施工事例

施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

八千代市萱田にて火災保険を利用して雨樋交換工事、廃盤ナショナルN4.0ⅡをパナソニックPC50で補修

雨樋の破損
雨樋交換工事完了
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニックPC50
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市大和田にてケラバ瓦落下に伴う瓦屋根の雨漏りを復旧工事で回避、棟の取り直し工事も実施

ケラバ瓦の破損
ケラバ瓦の取付
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

船橋市東町で化粧スレート屋根のアンテナが強風の影響で転倒

船橋市東町で行った築30年が経過した化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「強風の影響でアンテナが倒れたので屋根の点検をしてほしい。屋根のメンテナンスも検討しているので併せて点検をお願いします。」と、お問い合わせをいただきました。屋根...........