八千代市高津で雨樋の排水不良から軒天の剥がれが発生


「屋根の庇のようなところの見上げた部分の剥がれが酷いので原因を調べてほしい」と八千代市高津のお客様からご相談を承りました。家が古いのである程度は仕方ないと感じていたそうですが、大きく剥がれて中の材木まで見えている部分もあるとのことでさすがに「何とかしなければ」と思ったそうです。
軒天の剥がれ
実際に剥がれが起こっていたのは軒天と呼ばれる屋根が外壁から張り出した部分です。ベニヤが使われているらしく、積層されていた部分が剥がれ、かろうじて留まっている部分もあれば、既に剥がれ落ちている部分もあります。
雨樋の詰まり
ボールで排水口が塞がれていた
張り合わされていたベニヤが剥がれてくる原因は経年もありますが、最も大きな原因は水分です。水を吸収することで接着材が剥がれてきてしまうのです。なぜ水が軒天の方まで滴ってしまうかというと、原因は雨樋にありました。排水不良を起こって水が溜まっています。ボールが排水口を防いでいます。これでは雨が降るたびに雨が溢れて、軒天を濡らしてしまいます。
鼻隠しの塗膜の剥がれ
盛大な軒天の剥がれ
鼻隠しの部分も雨水が大量にかかった影響で、塗膜が剥がれています。軒天は小屋裏の内部が完全に見えるまで剥がれているところもあります。こうなると小動物の巣にされてしまう可能性も高く、さらに傷みが進みます。雨樋の方はボールを撤去すれば排水性能は回復しそうです。小動物の巣になってしまう前の工事が必要です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........