八千代市高津でラバーロックされた瓦屋根からの雨漏り


「春になって急に雨漏りが酷くなりだしたので一度、見てもらいたい」と八千代市高津のお客様からご相談をいただきました。雨漏りはかなり前から発生していたのだが、雨が降っても雨漏りしない時もあれば、雨漏りしても柱に小面積の染みができる程度だったので、これまで放置していたそうです。
柱の雨漏り跡
雨漏りしているのは1階のお部屋で、上が屋根となっている部分のお部屋です。画像で分かるように柱が変色しています。ここまで変色してしまったのは、つい最近のことだそうです。雨が降る度に雨漏りが酷くなってきているように感じるということでした。
ラバーロックされた瓦屋根
強引に瓦を外して点検
こちらのお住まい、瓦屋根でラバーロック工法がなされていました。ラバーロック工法とはシーリング材で瓦同士を接着してしまう工法で風などによって瓦がずれることを防ぐために行われるものです。シーリングで瓦と瓦の隙間を塞ぐと当然、湿気などは抜けにくくなりますから、雨漏りに繋がりやすくなります。良心的な屋根業者なら、まず行わない工事です。こちらの屋根、瓦の周囲を全体的にシーリングしているところもあれば、全くシーリングされてないところもあります。おそらく手抜きではないでしょうか。お施主様のお許しを得て、雨漏りしている真上のラバーロックを剥がし、瓦の下を点検してみることにしました。
防水紙の破れ
防水紙の穴
枯れ草があることから、おそらく鳥が巣を作ろうとしたことが分かります。二層になっている防水紙の表面が大きく破れています。ペットとして飼われている小鳥などを見ますと、紙を器用に裂いて巣の材料にするものもいますから、鳥がやった可能性も考えられます。そして防水紙には切れていました。これが雨漏りの原因となっているのでしょう。直すのには部分的な葺き直しが必要になりますが、瓦がラバーロックされているので解体するのもかなりの手間です。また、新しい瓦も必要となります。シーリング部分を剥がして元の瓦を使うのも可能なのですが、かなりの手間と時間を必要とするので、その人件費を考えると買った方が安くなってしまうのです。お施主様はラバーロックされたことをかなり後悔されていました。

同じ地域の施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

八千代市萱田にて火災保険を利用して雨樋交換工事、廃盤ナショナルN4.0ⅡをパナソニックPC50で補修

雨樋の破損
雨樋交換工事完了
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニックPC50
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........