八千代市村上で台風で剥がれたベランダ屋根の塩ビ波板を点検


そろそろ梅雨も近いということで、八千代市村上のお客様から「昨年の台風で剥がされてしまったベランダ屋根の塩ビ波板を直してほしい」とご相談がありました。塩ビ波板が剥がされた部分はベランダの端の部分だったので、それほど困らないから放っておいたそうです。業者が混んでいたのも放置した原因の一つだとおっしゃっていました。
一部が飛散したベランダ屋根の波板
確かに波板が飛んでしまったのはベランダの端です。これならば洗濯物も干すのもさほど困らないでしょう。「子供も既に独立してしまったので、洗濯物も減ったので生活に支障はなかった」ともおっしゃっていました。こうしてお話を聞いてみると、事情は人それぞれということが分かります。
波板の色が違う
波板の端が割れている
それぞれの波板の色が違います。以前にも同様の被害に遭い、部分的に交換されたということでした。それはともかく、重なり部分の幅が違うのが気になります。いくらフックで固定するといっても、重なり部分の幅が違えば強風に葺かれた際、力の掛かり方も均等でなくなるため、外れやすくなります。
下屋の波板も飛散
重なり部分の幅が違う
瓦屋根から延長された下屋の庇の樹脂製波板も被害を受けていました。ベランダも、庇も、塩ビだけでなくポリカの波板も混在している状態です。この先のことを考えたら、全ての波板をポリカーボ製に張り替えた方がいいでしょう。その方が強風にも強くなりますし、耐用年数も長くなりますので、トータルコストもお安くなります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塗膜が剥げた棟板金

お家の屋根が化粧スレートで築年数が20年程度、化粧スレートの屋根の耐用年数は30年程度なので、屋根塗装でメンテナンスするのか、屋根カバー工法で屋根リフォームしてしまうのか、お悩みになる方は多いと思います。八千代市米本のお客様も同様の問題で悩...........