八千代市大和田新田で築40年の瓦屋根を点検、ズレが大きいので屋根葺き直しが必要です


「このお家にあと何年、住めるのか」、「このお家はあと何年、持つのか」、そうお考えになったことはないでしょうか。今回は八千代市大和田新田で築40年という瓦屋根のお家を点検してまいりましたので、その様子をお届けします。日本の住宅の平均寿命は30年未満と言われていますが、それ以上の建物もたくさんございます。
瓦の色に違いがある屋根
屋根の瓦の色が一部、違います。おそらく白っぽい瓦は新築時から使われ続けられたもので、色の濃い瓦は途中で交換されたものなのでしょう。お客様に聞いたところ、こちらのお家はご両親から引き継いだもので、幼少のころにそういった工事を行ったことがあるような気もするが、よく覚えていないということでした。
漆喰の剥がれ
冠瓦の紐周辺に漆喰
屋根の上を見ると、漆喰の欠片が落ちています。熨斗瓦(長方形の平たい瓦)と平瓦(普通の瓦)間の漆喰はひびが入っているところがあるものの、欠けている部分はありません。その上を見てみると、冠瓦(屋根の頂点の半丸形の瓦)の紐(瓦の端の盛り上がった部分)のところに漆喰が盛り付けられています。普通、このようなところに漆喰を塗ることはしません。瓦を束ねている銅線にアンテナケーブルが共締めされているのも棟にとってはマイナスです。
一直線ではない瓦の並び
棟も上下に歪んでいる
屋根全体としては瓦の並びが各所で乱れており、棟などは上下でうねっています。築40年というと野地板は合板でなく幅の狭いバラ板を打ち付けたものが使われている可能性が高く、また防水紙の耐用年数を過ぎているので交換が必要です。お客様には屋根の瓦を一度、全部取り外して野地板を補修・強化、防水紙を交換してからこれまでの瓦を葺き直す屋根葺き直し工事をお勧めしました。現在、雨漏りなどはされていないそうですが、これだけ瓦がずれているとなると、桟木などの下地も傷んでいることが予想されます。瓦がずれていると強風や地震の際の被害が大きくなりますから、できるだけ早めの改修をお勧めします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........