八千代市大和田で屋根カバー工事後の3年目の定期点検、傷んできた軒天


八千代市大和田で約3年前にスレート屋根への屋根カバー工法をご依頼くださったお客様の元に本日は、定期点検に訪れました。私達が施工した場所に不具合がでていないかを確かめるためです。地上から見た感じだと何ともなさそうですが、私達は屋根やなので、実際に屋根にのぼって確かめます。
新しい金属屋根
屋根は汚れがなく、現在もピカピカです。棟板金の固定にも問題ありませんし、貫板などにも問題はなさそうです。谷も綺麗なものです。屋根については当分、心配しなくていいでしょう。
P8110049
軒天の剥がれ
お施主様のお家はそろそろ外壁塗装が必要な時期に来ていまして、チョーキング現象で(白亜化)で粉化した塗膜が雨水によって流され、下屋の屋根を白くしていました。軒天も数年前とは違い、剥がれだしてきてしまったらしく、こちらも直さないといけません。
窓の格子
しっかり固定されていない
1階の雨戸が設けられいない窓には防犯のために格子が取り付けられています。しかし、格子を固定している木部が傷んでいるためか、しっかりと固定されていません。こちらはこの木部を直すとなると交換しかなく、窓の撤去などを含めるとかなりの費用がかかりそうです。最近は窓カバー工法などもあるので、そちらで対応できるかも調べて、お客様へお見積りと一緒にご報告します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

接着剤の塗り方は適切なのか

今年は関東地方には春一番などであまり強い風が吹かなかったような気がしますが、いつでも風が強い地域というのは存在します。お客様がビルを所有しているここ、千葉市花見川区幕張町も海にほど近く、いつも風の強い地域の一つです。風の強い地域というのは普...........