八千代市保品でS形瓦屋根に鳥の巣被害、面戸の補修の事前点検


「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうです。
S形洋瓦を混ぜ葺きした屋根
お客様の屋根はS形瓦の洋瓦の屋根でした。ところどころに違う色の瓦が使われている混ぜ葺きで、とてもお洒落な屋根です。最近はこういったお家が増えたような気がします。S形瓦は日本瓦のように波形ですが波の高さもあり、大きくうねっているのが特徴です。
IMG_5505
IMG_5506
面戸とは屋根材の取り付け位置と軒先の隙間をなくすために取り付けられるものです。「めんと」と読み、鳥獣などが屋根の内部に入ることを予防します。こちらの屋根にも昔は面戸が取り付けられているのですが、どうやら樹脂製のようで、割れています。
ネットで鳥の巣防止
草や小枝と羽毛
別の軒の部分ではネットが面戸代わりにされていました。こちらの方がすっきりしていていいような気がするのですが、皆様はいかがでしょうか。なお、屋根の点検中に数回程度、鳥が集めてきただろう小枝や草を発見しました。中には羽毛が混じっているものもありました。できるだけ早く屋根の下に鳥が浸入しないようにするべきでしょう。