八千代市上高野で築30年のスレート屋根に棟板金の飛散と欠けを確認、屋根カバー工法か葺き替えでメンテナンス


八千代市上高野で行った築30年の屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「近所の方から棟の板金が剥がれていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。棟板金は屋根の山状になっている部分に設置してあります。屋根材と屋根材の接合部分に被せており、屋根内部に雨水が浸入するのを防いでいます。屋根の山状になっている部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害に遭いやすい部分になり飛散などが発生しやすい部分になります。屋根材と屋根材の接合部分は隙間が開いており、雨水の浸入を防ぐ防水紙が露出している状態ですので、このままですと紫外線や雨水の影響で防水紙に穴開きなどの不具合が発生し雨漏りの原因になってしまいますので棟板金交換が必要になります。
c43ae6b18e9fddecf4b58d0f3a6c09cc-columns1
棟板金が外れていない箇所を調査すると、釘の浮きを発見しました。下地材の貫板に釘などで固定してあるのですが、風や地震などの揺れの影響を受けてしまいますと徐々に浮いてきてしまうのです。釘が浮いてしまうと固定する力が低下してしまいますので、強風や突風の影響を受け飛散してしまうのです。
八千代市上高野棟板金の釘の浮き
八千代市上高野で棟板金に釘の浮き
化粧スレートの調査をすると屋根塗装が経年により劣化し剥がれています。太陽光や紫外線、風雨や砂埃などの外的影響により塗装は徐々に剥がれてしまうのですが、塗装が剥がれてしまうと保護機能である防水機能が低下し雨水を吸収しやすくなってしまいます。更に塗装が剥がれてしまうと素地が露出してしまい化粧スレートの耐久性の低下に繋がります。素地が剥がれた部分は水分を含みやすくなりますので苔やカビ、藻が発生してしまい美観を損ねてしまいます。
八千代市上高野で化粧スレートの素地が露出
c43ae6b18e9fddecf4b58d0f3a6c09cc-columns2
化粧スレートの耐久性が低下すると、欠けや割れが発生してしまいます。欠けや割れが発生してしまうと、化粧スレートの下に敷設されている防水紙に雨水が達しやすくなり防水紙の劣化の進行を早めてしまう危険性もあります。こちらのお客様邸は築30年で新築時から防水紙を交換していないという事ですので、耐用年数が20~30年と言われている防水紙の交換時期になります。必要なメンテナンスとして棟板金交換と屋根塗装が挙げられますが、防水紙の交換時期になりますので屋根カバー工法屋根葺き替えが必要になります。防水紙を新しくする事で雨漏りの心配もなくなりますので安心して生活していただけます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

八街市八街で過去に部分的な葺き替えをしたコロニアル屋根に部分的な屋根カバー工事を実施

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
築40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

八千代市萱田にて火災保険を利用して雨樋交換工事、廃盤ナショナルN4.0ⅡをパナソニックPC50で補修

雨樋の破損
雨樋交換工事完了
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニックPC50
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市大和田にてケラバ瓦落下に伴う瓦屋根の雨漏りを復旧工事で回避、棟の取り直し工事も実施

ケラバ瓦の破損
ケラバ瓦の取付
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用