八千代市ゆりのき台で築15年の洋瓦屋根、落葉の清掃が必要です


築15年でこれまで全くお手入れをしていないという八千代市ゆりのき台のお家の屋根を点検してまいりました。釉薬瓦の洋瓦が使われており、煙突もあるお洒落な屋根です。瓦屋根で築15年というと、漆喰などに点検が必要になってくる頃です。ちょっと不安になる時期ではあります。
煙突のある洋瓦の屋根
棟瓦はしっかり固定されていますし、それを固定している釘に浮きや緩みもありませんし、漆喰も異常がありませんでした。ただし、漆喰はそろそろ耐用年数を迎える頃なので、定期的に点検して方がいいでしょう。
洋瓦と煙突の間の隙間に溜まっている落葉
谷に溜まっている落葉
屋根を構成してる部材などに問題ないのですが、環境が原因で起こっている問題が一つありました。落葉がさまざまなところに溜まっていることです。煙突と屋根材の間の隙間にも溜まっていますし、谷にも溜まっています。雨が降れば、雨水の流れを妨げますし、なかなか乾かないことになるでしょう。湿った状態が長く続くというのは建材にとって良い状態ではありません。
雨樋に溜まる落葉
隣接する林
落葉が溜まりまくっている原因は建物と山林が隣接しているためです。雨樋にも溢れんばかりに溜まっています。雨樋の落葉は落葉除けネットである程度、防げますが、煙突との隙間の部分や谷の部分はそうはいきません。何かいいアイデアがあればいいのですが、現状では定期的に点検し、清掃するしかないようです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........