八千代市で台風によりケラバ瓦と巴瓦が破損、雨漏りする前に瓦差替えのご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下した瓦もある事から強風の脅威を感じます。瓦は飛散したり、落下してしまうと周囲の瓦に干渉し、他の瓦も割ってしまう二次被害が懸念されますが、幸いにも被害に遭ったケラバ瓦以外に割れはありませんでした。しかし、瓦の下に敷設されている防水紙が露出しており、このままですと雨漏りの原因になりますので早期対応が必要です。
e358c64277098bceca6e28928ce35169
275364c889657019dd9c3acb3a5c601c
調査を続けると、棟の先端部分に設置してある巴瓦も割れているのを発見しました。葺き土が露出しており、こちらも雨漏りの原因になりますので早期対応が必要になります。瓦の下に敷設されている防水紙は、雨水の浸入を防ぐ役割を果たしていますが、紫外線や雨水の影響を受け続けてしまうと穴開きや捲れなどの不具合を起こしてしまうからです。
b861bc2be1dc2892f35e807dd37c61a9
67f2562d8077d39a002f8143e91a7dab
建物内部に雨水が浸入してしまうと、室内の天井材や壁材が傷んでしまい張替工事などが発生する場合もありますので、お客様には調査の報告をし、新しい瓦に交換する瓦差替え工事をご提案しました。